意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「当面」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「当面」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「当面」という言葉を使った例文や、「当面」の類語を紹介して行きます。

当面

Meaning-Book
「当面」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「当面」とは?意味
  • 「当面」の表現の使い方
  • 「当面」を使った例文や短文など
  • 「当面」の類語や類義語・言い換え


「当面」とは?意味

「当面」には、「さしあたって」という意味があります。

  • 「当面」の読み方

「当面」の読み方

「当面」の読み方は、「とうめん」になります。



「当面」の表現の使い方

「当面」の表現の使い方を紹介します。

「当面」は、「さしあたって」を意味します。

そこで、さしあたって何かをする時などに、「当面」という言葉を使ってみましょう。

例えば、長期休暇を迎えるまで忙しく、何をするか決めずに連休に突入してしまうことがあるかもしれません。

このような時、さしあたって何をしようか決めるかもしれません。

例えば、連休の初めのうちはのんびり過ごそうとするかもしれません。

このような時、「連休中の予定はないが、当面はのんびり過ごそうと思う」などと、「当面」という言葉を使い、さしあたっての話をしてみましょう。

「当面」を使った例文や短文など

「当面」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「当面」を使った例文1
  • 「当面」を使った例文2

「当面」を使った例文1

「新入社員の『当面』の目標は、職場に慣れることになります」

この例文は、新入社員のさしあたっての目標は、職場に慣れることだという意味があります。

このように「当面」には、「さしあたって」という意味があります。

新入社員は会社の規則を覚え、仕事の仕方を覚え、同僚の名前を覚えたり、関係性を築くなどやるべきことがたくさんあります。

しかし、「当面」することは、職場に慣れることかもしれません。

「当面」を使った例文2

「『当面』は、夕飯の量を少なくして体重を減らす」

この例文は、ダイエットを始める人が考えていることについての文章になります。

ダイエットを始めるに当たり、さしあたって、夕食の量を少なくして、体重を減らそうという計画です。

その後、昼食の量を減らし、朝食の量を減らして、徐々に体重を落としていく作戦かもしれません。



「当面」の類語や類義語・言い換え

「当面」の類語や類似を紹介します。

  • 「直近」【ちょっきん】
  • 「目下」【もっか】

「直近」【ちょっきん】

「直近」は、「いちばん近い様子」という意味があります。

「直近の話では」という言い回しには、「いちばん近い話では」という意味になります。

「直近の予定を聞かせてください」などという使い方をします。

「目下」【もっか】

「目下」「目の前」「すぐ近く」「さしあたり」などを意味します。

「目下のところ、解決の見込みが立たない」という言葉には、「さしあたり、解決の見込みが立っていない」という文章になります。

「目下検討中です」などという使い方をします。

icon まとめ

「当面」という言葉について見てきました。

さしあたってという言葉を、他の言葉に変えたい時、「当面」という言葉を使ってみましょう。