意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「直近」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

ビジネス用語のひとつ「直近」の意味や類語を紹介します。

さらに「直近」の使い方や、「直近」を使った例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「直近」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「直近」の意味とは?
  • 「直近」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「直近」の言葉の使い方
  • 「直近」を使った例文
  • 「直近」を使った言葉と意味を解釈


「直近」の意味とは?

みなさんは「直近」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

「直近」はビジネス用語でもありますので、社会人として活躍している人は、毎日のように「直近」という言葉を使っているかもしれません。

そのような人にとっては、仕事の道具のような形で「直近」と触れているかもしれません。

一方で「直近」を、今回初めて目にしたという人もいるでしょう。

その場合は「直近」の読み方すら分からないかもしれません。

そこで「直近」の読み方と意味を紹介します。

社会人になる前に、「直近」という言葉を使いこなせるようになりましょう。

  • 「直近」の読み方
  • 「直近」の意味

「直近」の読み方

「直近」「ちょっきん」と読みます。

「ちょくちか」「じききん」などと読み間違えないようにしましょう。

これを機会に「直近」「ちょっきん」と読む事を覚えておきましょう。

「直近」の意味

「直近」にはどのような意味があるでしょうか。

「直近」には、「今の時点からいちばん近い事」という意味があります。

またすぐ近くの事などを「直近」と言います。

「直近の出来事」というフレーズには、いちばん最近起きた出来事という意味があります。

このように「直近」には、時間的にもっとも近い事という意味があります。



「直近」の類語や言い換え・似た言葉

次に「直近」の類語や、言い換えが効くような似た意味の言葉を紹介します。

類語を知る事で、「直近」以外の言葉を使いたい時に、どのような言葉を選べばいいかが分かります。

  • 「つい最近」【ついさいきん】
  • 「先ほど」【さきほど】
  • 「ちょっと前」【ちょっとまえ】

「つい最近」【ついさいきん】

「直近」と似た意味の言葉に「つい最近」があります。

「直近の出来事」と言うフレーズは、「つい最近の出来事」という言葉に言い換える事ができるでしょう。

また「直近」はビジネス用語なので、ビジネス経験がない人には意味が通じにくい面があります。

そこで、誰にでも意味が通りやすい「つい最近」というフレーズを使ってみましょう。

「先ほど」【さきほど】

「先ほど」という言葉も「直近」に近い意味がある言葉です。

「先ほど」は少し前の出来事を伝えたい時に、ぴったりの言葉です。

時間的に現在とそれほど離れていないという事を、「先ほど」という言葉は伝える事ができます。

「ちょっと前」【ちょっとまえ】

「直近」という言葉を砕けた表現にすると、「ちょっと前」という言葉になります。

「直近の株価」「ちょっと前の株価」は、それほど差が無いはずです。

日常的な会話に「直近」的な言葉を使いたい時などに、「ちょっと前」と言うフレーズを組み込んでみましょう。

「直近」の言葉の使い方

「直近」という言葉を、どのような場面で、どのように使えばいいでしょうか。

「直近」には、今の時点からいちばん近い事、という意味があります。

そこで、いちばん最新の何かを伝えたい時に、「直近」という言葉を使ってみましょう。

例えば、最も新しいデータであるという事を相手に伝えたい時は、「直近のデータです」というフレーズを使ってみましょう。

すると受け取った側も、これが最新のデータなのだとすぐに理解できます。

ただし「直近」はビジネス用語ですので、ビジネス経験がない人に対しては、なるべく使わない方がいいかもしれません。

「直近」は使える範囲が広い便利な言葉ですが、使う相手に制限がありますので、相手をよく見て使うようにしましょう。



「直近」を使った例文

続いて「直近」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「直近」を使った例文を見て、この言葉をどのように文章に組み込めばいいか、そのコツを知りましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける、「直近」を使った例文を紹介します。

「これが『直近』の事例です。使用した人の感謝の声に注目してください。この事例を参考にして、もっとも心に響きそうなサービスを考案しましょう」「お前は『直近』の課題をきちんと理解しているのか。もし理解していたら、こんな仕事の仕方はしないはずだ」「私は『直近』の問題を解決するために、専任の担当者として取引先に向かった。 少し気が重いが、問題を解決できるのは私だけだ」という感じです。

ビジネスシーンでは、「直近」という言葉が頻繁に登場します。

意味を考える事無く、すっと返事をできるように「直近」という言葉に、今から親しんでおきましょう。

例文2

日常的な場面における、「直近」を使った例文を紹介します。

「なるほど、『直近』の日曜日に草野球の試合があるのか。今から素振りを始めないと、体が動かないかもしれない」「僕の『直近』の恋愛は、すでに10年前になる。もうこんなに恋から遠ざかっているなんて信じられない」「お腹が空いたので、『直近』のコンビニに食料を調達に行った。美味しそうなカップめんが売り出されていたので喜んで購入した」などです。

「直近」という言葉は、ビジネスシーンで活躍すると、知らずに身についているものです。

仕事から離れた場面でも、つい「直近」という言葉を使ってしまう人が多いかもしれません。

「直近」を使った言葉と意味を解釈

最後に「直近」という言葉を使った言葉と意味を紹介します。

定型句のような言葉ですので、覚えておくと便利です。

一気に仕事がしやすくなるような、ポジティブな影響が起こりそうです。

  • 「直近の上司」
  • 「直近の仕事」
  • 「直近の目標」

「直近の上司」

「直近の上司」というフレーズがあります。

「直近」には現時点からいちばん近い事という意味があります。

そのため「直近の上司」には、「いちばん近い上司」という意味が生まれます。

いちばん近い上司とは、直属の上司と言う事になります。

「直近の上司は○○です」という時は、「直属の上司は○○です」という意味になります。

「直近の仕事」

「直近の仕事」というフレーズも仕事の現場では頻繁に使います。

「直近の仕事」は、現時点から振り返り、いちばん最近した仕事という意味になります。

例えば義理の父親などに「最近の仕事の調子はどうだね?」などと質問された時に、手がけたすべての仕事を話すのは面倒なものです。

そこで「直近の仕事は…」という感じで、自分がいちばん最後にした仕事を伝えるという方法があります。

「直近の目標」

「直近の目標」という言葉も、職場で飛び交うような、良く使う言葉です。

「直近の目標」は、いちばん身近な目標という意味になります。

目標を立てる時は、最終的に達成したい「大きな目標」をまず立てます。

そこから逆算して、小さな目標を立てて行き、ひとつずつクリアして、大きな目標を達成するように仕事を進めて行きます。

「直近の目標」は、現在からいちばん近くにある小さな目標の事を指します。

例えば、社長になるのが最終目標だとすると、目の前の小さな目標は、チーフになる事かもしれません。

もちろんプロジェクトの目標を達成するための、小さな目標を言うケースもあります。

「直近の目標」は、上司から聞かれがちなワードですので、答えを用意しておくと良いでしょう。

icon まとめ

「直近」という言葉の意味や使い方を見てきました。

「直近」はビジネス用語ですので、主にビジネスシーンで使う言葉です。

これから社会人になる人は、今のうちから「直近」という言葉に慣れておくと安心かもしれません。

ただし何でもかんでも「直近」と表現せずに、類語や似た意味の言葉を覚えて、シーンごとに使い分ける事をおすすめします。