意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「獰猛」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「獰猛」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「獰猛」という言葉を使った例文や、「獰猛」の類語を紹介して行きます。

獰猛

Meaning-Book
「獰猛」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「獰猛」とは?意味
  • 「獰猛」の表現の使い方
  • 「獰猛」を使った例文や短文など
  • 「獰猛」の類語や類義語・言い換え


「獰猛」とは?意味

「獰猛」には、「性格が荒く、乱暴であること」という意味があります。

  • 「獰猛」の読み方

「獰猛」の読み方

「獰猛」の読み方は、「どうもう」になります。



「獰猛」の表現の使い方

「獰猛」の表現の使い方を紹介します。

「獰猛」は、「性格が荒く、乱暴であること」を意味します。

そこで、性質が荒く、乱暴な様子の人などを見た時に、「獰猛」という言葉を使ってみましょう。

例えば、トラやヒョウなどのドキュメンタリー映像を見ることがあるかもしれません。

その時に、獲物を襲う姿などを見て、性格が荒く、乱暴だと感じられるかもしれません。

そのような時、「獰猛なトラ」「獰猛なヒョウ」などと、「獰猛」という言葉を使って説明してみましょう。

「獰猛」を使った例文や短文など

「獰猛」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「獰猛」を使った例文1
  • 「獰猛」を使った例文2

「獰猛」を使った例文1

「『獰猛』な動物を巧みに操るサーカスの団長」

この例文は、性格が荒く、乱暴だと言われている動物たちに、言うことを聞かせられる、サーカス団の団長という文章になります。

このように「獰猛」には、「性格が荒く、乱暴であること」という意味があります。

トラやライオン、クマなど、一般的に「獰猛」と呼ばれる動物を、飼いならし、しつけて、このようなサーカスのショーにしています。

「獰猛」を使った例文2

「相手に向かうボクサーは『獰猛』な様子に見えた」

この例文はボクシングの試合で、相手ボクサーに攻撃を仕掛ける様子を見て、性格が荒く乱暴だと感じたという文章になります。

この例文のように、ボクサーの中には野生動物のように「獰猛」に見える、荒々しいファイトをする選手がいます。

格闘家の場合、野生動物に例えられたり、「獰猛」と言われるのは褒め言葉になるかもしれません。



「獰猛」の類語や類義語・言い換え

「獰猛」の類語や類似を紹介します。

  • 「乱暴」【らんぼう】
  • 「凶暴」【きょうぼう】

「乱暴」【らんぼう】

「乱暴」には「暴力的に振舞うこと」という意味があります。

「酔って乱暴を働く」という言葉には、「お酒に酔ったために、暴力的に振る舞う」という意味があります。

「乱暴な人」「乱暴なタイプ」などという使い方をします。

「凶暴」【きょうぼう】

「凶暴」「気が違ったように暴れること」を意味します。

「凶暴な野生動物」という言葉には、「狂ったように暴れる野生動物」という意味があります。

「凶暴な犯人」などという使い方をします。

icon まとめ

「獰猛」という言葉について見てきました。

性質が荒く、乱暴であることを、一言で言い表す時、「獰猛」という言葉を使ってみましょう。