意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悪者扱い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「悪者扱い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「悪者扱い」という言葉を使った例文や、「悪者扱い」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「悪者扱い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「悪者扱い」とは?意味
  • 「悪者扱い」の表現の使い方
  • 「悪者扱い」を使った例文や短文など
  • 「悪者扱い」の類語や類義語・言い換え


「悪者扱い」とは?意味

「悪者扱い」には、「悪いことをしたように扱われること」また「悪人のように扱われる人」という意味があります。

  • 「悪者扱い」の読み方

「悪者扱い」の読み方

「悪者扱い」の読み方は、「わるものあつかい」になります。



「悪者扱い」の表現の使い方

「悪者扱い」の表現の使い方を紹介します。

「悪者扱い」は、「悪いことをしたように扱われること」「悪人のように扱われる人」という意味があります そこで、誰かに悪いことをしたように扱われた時、悪人のような扱いを受けた時、「悪者扱い」という言葉を使ってみましょう。

例えば、スーパーでスマホなどをいじっていると、店員に後ろを付けられていることに気付いたとします。

まるで万引きをしている人のように、警戒されていると気付きます。

このような時、「スマホを見ていただけなのに、万引き犯のような悪者扱いを受ける」などと、「悪者扱い」という言葉を使ってみましょう。

「悪者扱い」を使った例文や短文など

「悪者扱い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「悪者扱い」を使った例文1
  • 「悪者扱い」を使った例文2

「悪者扱い」を使った例文1

「A君は顔が怖いため、すぐに『悪者扱い』されてしまう」

この例文は、A君という男性の顔が怖いため、すぐに人から悪い人のように扱われるという文章になります。

このように「悪者扱い」は、「悪いことをしたように扱われること」や、「悪人のように扱われる人」を意味します。

顔が怖いだけで、悪人のように扱われる傾向は、実際にあるかもしれません。

「悪者扱い」を使った例文2

「証拠もなく、『悪者扱い』をしてはならない」

この例文は、悪いことをしたという証拠がないのに、悪いことをした人のようにあつかってはいけないという文章になります。

「悪者扱い」をするなら、その証拠を探してからにしたほうが、いいかもしれません。



「悪者扱い」の類語や類義語・言い換え

「悪者扱い」の類語や類似を紹介します。

  • 「迫害」【はくがい】
  • 「濡れ衣」【ぬれぎぬ】

「迫害」【はくがい】

「迫害」「人種や民族、特定の信者などを追い詰めて、力による弾圧などをして苦しめること」を意味します。

「弱者を迫害する」「迫害をやめさせる」などという使い方をします。

「濡れ衣」【ぬれぎぬ】

「濡れ衣」「謂れのない罪を問われたり、疑いをかけられること」という意味があります。

「濡れ衣を着せられる」という言葉には、「身に覚えのない罪をかぶせられる」という意味があります。

icon まとめ

「悪者扱い」という言葉について見てきました。

悪いことをしたように扱われること、また悪人のように扱われる人を見た時、「悪者扱い」という言葉を使ってみましょう。