意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「愕然」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「愕然」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「愕然」という言葉を使った例文や、「愕然」の類語を紹介して行きます。

愕然

Meaning-Book
「愕然」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「愕然」とは?意味
  • 「愕然」の表現の使い方
  • 「愕然」を使った例文や短文など
  • 「愕然」の類語や類義語・言い換え


「愕然」とは?意味

「愕然」には、「非常に驚く様子」という意味があります。

  • 「愕然」の読み方

「愕然」の読み方

「愕然」の読み方は、「がくぜん」になります。



「愕然」の表現の使い方

「愕然」の表現の使い方を紹介します。

「愕然」は、「非常に驚く様子」を意味します。

そこで、誰かが非常に驚いた様子が見えた時などに、「愕然」という言葉を使ってみましょう。

例えば、購入した宝くじが当せんしたら、驚くのではないでしょうか。

しかも100万円以上の高額当せんの場合は、購入した人の非常に驚く様子を見られるでしょう。

そこでこのような様子を見た時に、「宝くじに高額当せんした人が、『愕然』としていた」などと、「愕然」という言葉を使ってみましょう。

「愕然」を使った例文や短文など

「愕然」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「愕然」を使った例文1
  • 「愕然」を使った例文2

「愕然」を使った例文1

「付き合っている女性が、実は結婚していると知り、『愕然』とした」

この例文はある男性が付き合っている女性が、既婚者だと知って、大変に驚いたという場面になります。

このように「愕然」には、「非常に驚く様子」という意味があります。

独身女性だと思い、結婚を前提に付き合っているつもりが、不倫をしていただけだと知れば、誰でも「愕然」とするかもしれません。

「愕然」を使った例文2

「貯金がいくらあるか見たら、1万円もなくて、『愕然』とする」

この例文は、自分の貯金がいくらあるのか久しぶりに確かめてみたところ、1万円にすら届いていなくて非常に驚いたという場面になります。

特に貯金の意識が強くなく、毎月のように通帳に記帳して、財産管理していないタイプの人は、この例文のように、ほとんど貯金できていないかもしれません。

しかし、淡い期待があるため、余りにも貯金額が少ないと、「愕然」としてしまうでしょう。



「愕然」の類語や類義語・言い換え

「愕然」の類語や類似を紹介します。

  • 「驚愕」【きょうがく】
  • 「驚天動地」【きょうてんどうち】

「驚愕」【きょうがく】

「驚愕」「衝撃的な事実に接して、ひどく驚くこと」という意味があります。

「驚愕の事実を知らされる」という文章には、「衝撃的な事実を知らされてひどく驚く様子」という意味があります。

「驚愕する」「驚愕して、泣き叫ぶ」などという使い方をします。

「驚天動地」【きょうてんどうち】

「驚天動地」「世間をあっと驚かせること」を意味する四文字熟語になります。

「驚天動地の新記録」という文章には、「世間をあっと驚かせるような、凄い新記録」という意味があります。

icon まとめ

「愕然」という言葉について見てきました。

誰かの非常に驚く様子を見た時などに、「愕然」という言葉を使ってみましょう。