意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「誘導」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「誘導」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「誘導」という言葉を使った例文や、「誘導」の類語を紹介して行きます。

誘導

Meaning-Book
「誘導」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「誘導」とは?意味
  • 「誘導」の表現の使い方
  • 「誘導」を使った例文や短文など
  • 「誘導」の類語や類義語・言い換え


「誘導」とは?意味

「誘導」には、「誘い導くこと」という意味があります。

また「人や物を、ある地点やある状態に導いていくこと」という意味があります。

  • 「誘導」の読み方

「誘導」の読み方

「誘導」の読み方は、「ゆうどう」になります。



「誘導」の表現の使い方

「誘導」の表現の使い方を紹介します。

「誘導」には、「誘い導くこと」「人や物を、ある地点やある状態に導いていくこと」という意味があります。

そのため、誰かを誘い導く時、ある地点や状態まで導く時などに、「誘導」という言葉を使ってみましょう。

例えば、街を歩いている時に、外国人観光客と出会うかもしれません。

外国人観光客に声をかけられて、駅までの道が分からないので教えて欲しいと質問されたとします。

英語を上手に話せない場合は、外国人観光客の前に立って歩き、駅まで導くという選択肢を選ぶ人もいるでしょう。

このような時、「道に迷った外国人観光客を、駅まで誘導する」というように、「誘導」という言葉を使って状況を説明できます。

「誘導」を使った例文や短文など

「誘導」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「誘導」を使った例文1
  • 「誘導」を使った例文2

「誘導」を使った例文1

「道を知っている仲間の車に『誘導』され、ゴルフ場に行く」

この例文は、ゴルフ場に友達と行く時、ゴルフ場までの行き方を知っている仲間が運転する車に導かれながら、ゴルフ場に行く様子を文章にしたものです。

このように「誘導」には、「誘い導くこと」「人や物を、ある地点やある状態に導いていくこと」という意味があります。

このように行先までの行き方を聞くより、「誘導」してもらう前提で、後ろをついて行く方が楽な場合もあります。

「誘導」を使った例文2

「片想いの女性が自分を好きになるよう、『誘導』したいと思う」

この例文は、片想いの女性に対して働き掛けて、自分のことを好きになるという状態に導きたいという文章になります。

片想いの女性と仲が良く、コミュニケーションが取れる場合は、このようにじっくりと「誘導」することも可能かもしれません。



「誘導」の類語や類義語・言い換え

「誘導」の類語や類似を紹介します。

  • 「誘う」【さそう】
  • 「導く」【みちびく】

「誘う」【さそう】

「誘う」には、「一緒に行動するように、相手にすすめる」という意味があります。

「デートに誘う」という文章は、「一緒にデートをするよう、異性にすすめてみる」という意味があります。

「仕事に誘う」「ランチに誘う」などという使い方をします。

「導く」【みちびく】

「導く」「道案内すること」を意味します。

また「正しい方向に手引きする」という意味があります。

「弟子を導いて、一人前にする」という言葉には、「師匠が弟子を正しい方向に手引きし、一人前にする」という意味があります。

「生徒を導く」「導かれて進む」などという使い方をします。

icon まとめ

「誘導」という言葉について見てきました。

誘い導くことについて話す時、人や物を、ある地点やある状態に導いていくことについて話す時、「誘導」という言葉を使ってみましょう。