意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「導く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「導く」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「導く」という言葉を使った例文や、「導く」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「導く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「導く」とは?意味
  • 「導く」の表現の使い方
  • 「導く」を使った例文や短文など
  • 「導く」の類語や類義語・言い換え


「導く」とは?意味

「導く」には、「道案内して目的の所に誘導する」という意味があります。

また「正しい方向に指導する」という意味があります。

さらに「物事がそうなるように働きかける」という意味があります。

  • 「導く」の読み方

「導く」の読み方

「導く」の読み方は、「みちびく」になります。



「導く」の表現の使い方

「導く」の表現の使い方を紹介します。

「導く」には「道案内して目的の所に誘導する」という意味があるため、道案内している様子を文章にします。

例えば「迷子の人を、駅に導く」という文章には、「迷子の人を駅まで道案内する」という意味があります。

また「導く」には「正しい方向に指導する」という意味があります。

そのため、正しい方向に誰かを導く様子を文章にする時、「導く」という言葉を使えます。

例えば、ダイエットトレーナーが、生徒を健康な方向に指導する気、「太った生徒を健康体に導く」などと「導く」という言葉を使えます。

「導く」を使った例文や短文など

「導く」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「導く」を使った例文1
  • 「導く」を使った例文2

「導く」を使った例文1

「先生は、生徒が正しい行いができるよう『導く』のが仕事だ」

この例文のように、先生の仕事は、生徒が正しい方向に歩いて行けるよう指導することが、仕事かもしれません。

このように、正しい方向に、誰かを手引きしたり、指導する様子を「導く」という言葉を使って表現します。

「導く」を使った例文2

「仕事の状況を有利に『導く』ため、後輩にアドバイスを送る」

この例文は、後輩の仕事の状況を、もっと有利な状況にするため、アドバイスを送る先輩の様子を文章にしたものです。

このよう「導く」には、「物事がそうなるように働きかける」という意味があります。



「導く」の類語や類義語・言い換え

「導く」の類語や類似を紹介します。

  • 「手助け」【てだすけ】
  • 「レールを敷く」【れーるをしく】

「手助け」【てだすけ】

「手助け」には「他の人の仕事や窮地などを助けること・他の人を手伝うこと」という意味があります。

また「手伝うこと」という意味があります。

「後輩の手助けをする」という言葉には、「後輩の仕事を手伝う」という意味があります。

「レールを敷く」【れーるをしく】

「レールを敷く」には、「物事が順調に進行するように、前もって準備しておく」という意味があります。

レールを敷くと電車が走りやすいように、物事が順調に進行するよう、前もって準備することを「レールを敷く」と言います。

icon まとめ

「導く」という言葉について見てきました。

道案内をしている人を見た時、正しい方向に手引きしたり、指導している様子を見た時、また物事がそうなるように働きかける様子を見た時に、「導く」という言葉を使ってみましょう。