意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手助け」の意味とは・類語・読み方・英語・対義語【使い方や例文】

「手助け」とは、「他の人の仕事や窮地などを助けること・他の人を手伝うこと」です。

「手助け」「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・例文と解釈・類語や類義表現・手助けとヘルプの違い」などについて、詳しく説明していきます。

手助け

Meaning-Book
「手助け」の意味とは・類語・読み方・英語・対義語【使い方や例文】>


目次

  • 「手助け」の意味とは?
  • 「手助け」の読み方?
  • 「手助け」の英語(解釈)
  • 「手助け」の対義語
  • 「手助け」の言葉の使い方
  • 「手助け」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)
  • 「手助け」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「手助け」の類語や類義表現(シソーラス)
  • 「手助け」と「ヘルプ」の違い


「手助け」の意味とは?

「手助け」の意味は、「自分の応援・能力を必要としている人を助けること」「他の人の仕事・活動・窮地・危機(ピンチ)を助けること、手伝うこと」になります。

「手助け」という言葉には、「自分の手を貸して助けること・加勢(助力)すること」「自分の労力・時間を割いて困っている相手(助けを必要としている人)を助けること」の意味合いがあるのです。



「手助け」の読み方?

「手助け」の読み方は、「てだすけ」になります。

「手助け」の英語(解釈)

手助け meaning in english

「手助け」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

  • 「手助け」を使ったEnglishの例文1
  • 「手助け」を使ったEnglishの例文2

「手助け」を使ったEnglishの例文1

“My sister helped my sick mother's life.”

この「手助け」を使った英語の例文は、「私の姉・妹が病気の母の生活を手助けしてくれました」を意味しています。

一般的に「手助けする」は、「help」の英語で表現できます。

「手助け」を使ったEnglishの例文2

“I will support(assist) you when you are in a jam.”

この「手助け」を使った英語の例文は、「あなたが窮地に陥った時には、私が手助けします」を意味しています。

「加勢する・応援する」のニュアンスがある「手助けする」は、“help”以外にも“support”“assist”“aid”などの英語で表現することができます。



「手助け」の対義語

「手助け」の対義語として、以下のような言葉があります。

  • 「妨害・邪魔」
  • 「見捨てる」

「妨害・邪魔」

「手助け」の対義語として、「妨害(ぼうがい)・邪魔(じゃま)」を考えることができます。

「妨害」というのは、「相手のやろうとしていることを妨げて邪魔すること」を意味しています。

「邪魔」の言葉の意味は、「仏教用語の仏道修行を妨げる悪魔が原義で、妨げること、妨げるもの」になります。

他の人の仕事や活動を助けることを意味する「手助け」とは反対の意味を持つ対義語として、「妨害・邪魔」を指摘することができます。

「見捨てる」

「手助け」の対義語として、「見捨てる」があります。

「手助け」という言葉は、「自分の助力・加勢を必要としている人を助ける」という意味合いがあるので、それと反対の意味を持つ言葉として「見捨てる」を上げることができるのです。

「見捨てる」という言葉は、「自分の助力や力添えを必要としている人に力を貸してあげない」「困っている相手を見ても、手助けせずに見て見ぬふりをして立ち去る」といった意味合いを持っています。

「手助け」の言葉の使い方

「手助け」の言葉の使い方は、「自分の応援・力を必要としている人を助ける場合」「他の人の仕事・活動・危機(ピンチ)に対して手伝ってあげる時」に使うという使い方になります。

「手助け」という言葉は、「自分の力を別に求めていない人を助ける」というよりも、「困っていて自分の力を必要としている人を助ける」というニュアンスでの使い方が多くなっています。

例えば、「友人の車椅子での移動を手助けしました」「彼の手助けのお陰で助かりました」などの文章で、「手助け」の言葉を正しく使用することができます。

「手助け」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)

「手助け」を使った言葉・慣用句や熟語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「手助けする」
  • 「手助けになる」

「手助けする」

「手助けする」の言葉の意味は、「自分の力を必要としている人を助ける」「他の人の仕事・活動・目的を手伝ってあげる」になります。

例えば、「彼女の宿題が終わるように手助けしました」「困っているあなたを手助けするためにここまで来たのです」などの文章で使うことができます。

「手助けになる」

「手助けになる」という言葉は、「困っている人や助けが必要な人の役に立つこと」になります。

「手助けになる」というのは、他の人の仕事・活動・窮地などを助けて応援することによって、実際にその人の役に立つことを意味しているのです。

「あなたの支援・助力は、とても私たちの手助けになりました」「手助けになれるように全力を尽くします」などの文章において、この言葉を使用することができます。

「手助け」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「手助け」を使った例文や短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「手助け」を使った例文1
  • 「手助け」を使った例文2

「手助け」を使った例文1

「親友の手助けがあったからこそ、このピンチを切り抜けることができたのです」

この「手助け」を使った例文は、「親友の手助けがあったからこそ、このピンチを切り抜けることができたのです」

「手助け」を使った例文2

「状況から見て、長期にわたる逃亡を誰かが手助けしているに違いないと思います」

この「手助け」を使った例文は、「状況から見て、長期にわたる逃亡を誰かが手助けしているに違いないと思います」

「手助け」の類語や類義表現(シソーラス)

「手助け」の類語・類義表現(シソーラス)について、分かりやすく解説していきます。

  • 「手伝い・役立つ・助力」
  • 「応援・加勢」

「手伝い・役立つ・助力」

「手助け」の類語・類義表現として、「手伝い・役立つ・助力(じょりょく)」があります。

「手伝い」というのは、「他の人の仕事・活動などがスムーズにいくように、自分の力を貸して支援すること」を意味しています。

「助力」の意味は、「他の人のために自分の力を貸して助けること」になります。

「手助け」とは、「他の人のために役立つこと」を意味します。

それらの意味から、他の人を応援して助ける「手助け」の類語として、「手伝い・役立つ・助力」を指摘できます。

「応援・加勢」

「手助け」の類語・類義表現として、「応援(おうえん)・加勢(かせい)」があります。

「応援」の言葉の意味は「自分の力を添えて助けること」「加勢」の意味は「その人に味方して自分の力を貸してあげること、助力すること」になります。

その意味から、困っている人を助けるの意味がある「手助け」の類義表現として、「応援・加勢」が上げられます。

「手助け」と「ヘルプ」の違い

「手助け」「ヘルプ」の違いは、実際の使用場面では大きな違いはありませんが、「手助け」の方が「誰かと争っていて困っている人(劣勢になっている人)に対して、助力したり加勢したりする」という意味のニュアンスが強くなっているという違いはあります。

「ヘルプ」「手助け」も、「他の人を助けること、手伝うこと」を意味する言葉なのですが、日本語の語感としては「ヘルプ」よりも「手助け」の方が「争って劣勢にある人に加勢する」の意味が強くなっています。

一方、アルバイトなどで「人員が足りない別の店舗に応援に行くこと」は、「手助け」より「ヘルプ」という事が多くなっています。

icon まとめ

「手助け」という言葉について徹底的に解説しましたが、手助けには「自分の力・時間を割いて、他の人の仕事・窮地などを助けること」などの意味があります。

「手助け」の類語・類義表現としては、「手伝い・役立つ・助力」「応援・加勢」などがあります。

「手助け」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。