意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見せ掛ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「見せ掛ける」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「見せ掛ける」という言葉を使った例文や、「見せ掛ける」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「見せ掛ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見せ掛ける」とは?意味
  • 「見せ掛ける」の表現の使い方
  • 「見せ掛ける」を使った例文や短文など
  • 「見せ掛ける」の類語や類義語・言い換え


「見せ掛ける」とは?意味

「見せ掛ける」には、「物事を別の物事のように錯覚させ偽装すること」という意味があります。

  • 「見せ掛ける」の読み方

「見せ掛ける」の読み方

「見せ掛ける」の読み方は、「みせかける」になります。



「見せ掛ける」の表現の使い方

「見せ掛ける」の表現の使い方を紹介します。

「見せ掛ける」は、「物事を別の物事のように錯覚させ偽装すること」を意味します。

そこで、誰かが、何かを別のもののように錯覚さえる様子を見た時、「見せ掛ける」という言葉を使ってみましょう。

例えば、女性の前では、下ネタばかり言っている女性がいます。

この女性が男性の前に立つと、まるで下ネタなど言ったことがないような清楚な女性を演じているとします。

この女性は、自分を清楚な女性だと、錯覚させようとしていると言えるでしょう。

そこで、「自分を清楚だと見せ掛ける」などと、「見せ掛ける」という言葉を使ってこの女性のことを表現できます。

「見せ掛ける」を使った例文や短文など

「見せ掛ける」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「見せ掛ける」を使った例文1
  • 「見せ掛ける」を使った例文2

「見せ掛ける」を使った例文1

「お金持ちのように『見せ掛けて』それほどでもない」

この例文は、ある人が、自分がまるでお金持ちであるかのように振る舞い、周囲を錯覚させようとしているが、実はそうでもないという文章になります。

このように「見せ掛ける」には、「物事を別の物事のように錯覚させること」という意味があります。

「見せ掛ける」を使った例文2

「まるで大きな魚のように『見せ掛ける』、小魚の集合体」

この例文は小さな魚たちが集まって、まるで大きな魚のようだと錯覚させるという意味があります。

小魚は群れて泳ぐため、ひとつの大きな魚のように見えることがあります。



「見せ掛ける」の類語や類義語・言い換え

「見せ掛ける」の類語や類似を紹介します。

  • 「カモフラージュ」【かもふらーじゅ】
  • 「捏造」【ねつぞう】

「カモフラージュ」【かもふらーじゅ】

「カモフラージュ」には、「敵の目をくらますため、服に迷彩などを施すこと」という意味があります。

また「表面を繕い、人の目をごまかすこと」を意味します。

「失敗したが、カモフラージュしてごまかす」などという使い方をします。

「捏造」【ねつぞう】

「捏造」には「実際にはありもしないことを事実のように作り上げるこ」「でっちあげること」という意味があります。

「化石を捏造する」という文章は、「化石でない物を、化石のようにこしらえて見せること」を意味します。

「記事を捏造する」などという使い方をします。

icon まとめ

「見せ掛ける」という言葉について見てきました。

物事を別の物事のように錯覚させることを、一言で言い表す時、「見せ掛ける」という言葉を使ってみましょう。