意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悪印象」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「悪印象」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「悪印象」という言葉を使った例文や、「悪印象」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「悪印象」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「悪印象」とは?意味
  • 「悪印象」の表現の使い方
  • 「悪印象」を使った例文や短文など
  • 「悪印象」の類語や類義語・言い換え


「悪印象」とは?意味

「悪印象」には、「良くない印象」「不快な印象」という意味があります。

  • 「悪印象」の読み方

「悪印象」の読み方

「悪印象」の読み方は、「あくいんしょう」になります。



「悪印象」の表現の使い方

「悪印象」の表現の使い方を紹介します。

「悪印象」は、「良くない印象」「不快な印象」を意味します。

そこで、誰かに良くない印象を持った時、不快な印象だと感じた時などに、「悪印象」という言葉を使ってみましょう。

例えば、引越しのため物件探しをしている人がいます。

初めての街を訪れて楽しい気持ちで不動産屋を回っていたら、前から怖い面持ちの人たちがたくさん歩いてきたとします。

たまたまかもしれませんが、その人にとってその街の印象を、良くない印象に変える出来事かもしれません。

このような時、「怖い人たちが歩いていたため、街に悪印象を抱いた」などと、「悪印象」という言葉を使って心情を説明できます。

「悪印象」を使った例文や短文など

「悪印象」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「悪印象」を使った例文1
  • 「悪印象」を使った例文2

「悪印象」を使った例文1

「初対面で『悪印象』を与えないよう、身だしなみに注意する」

この例文は、初対面の人に不快な思いを抱かせないために、身だしなみに注意しようと思っている人についての文章になります。

このように「悪印象」には、「良くない印象」「不快な印象」という意味があります。

外出する時は、すれ違う人すべてが初対面とも言えるため、「悪印象」を与えないよう身だしなみを整えるといいかもしれません。

「悪印象」を使った例文2

「見合い相手に『悪印象』は持たなかったが、付き合いたいとも思わなかった」

この例文は、見合いをした人が、相手に対して良くない印象を持たなかったが、付き合いたいと思うほどの印象もなかったという文章になります。

このような出会いは多く、恋愛に発展しない可能性が高いでしょう。



「悪印象」の類語や類義語・言い換え

「悪印象」の類語や類似を紹介します。

  • 「不愉快」【ふやかい】
  • 「嫌な感じ」【いやなかんじ】

「不愉快」【ふやかい】

「不愉快」「愉快でないこと」「嫌な気分になること」を意味する言葉になります。

「不愉快な話を聞いた」という文章には、「嫌な気分になるような話を聞いた」という意味があります。

「不愉快極まりない」「不愉快にする人」などという使い方をします。

「嫌な感じ」【いやなかんじ】

「嫌な感じ」には「人の態度や雰囲気に、不快な印象を持つこと」という意味があります。

「嫌な感じのする場所」「嫌な感じの人」などという使い方をします。

icon まとめ

「悪印象」という言葉について見てきました。

良くない印象や、不快な印象を感じた時、「悪印象」という言葉を使ってみましょう。