意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「短期」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「短期」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「短期」という言葉を使った例文や、「短期」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「短期」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「短期」とは?意味
  • 「短期」の表現の使い方
  • 「短期」を使った例文や短文など
  • 「短期」の類語や類義語・言い換え


「短期」とは?意味

「短期」には、「短い期間」「わずかな間」「あっという間」という意味があります。

  • 「短期」の読み方

「短期」の読み方

「短期」の読み方は、「たんき」になります。



「短期」の表現の使い方

「短期」の表現の使い方を紹介します。

「短期」は、「短い期間」「わずかな間」「あっという間」を意味します。

そこで、短い期間やわずかな間にすることなどについて話す時、「短期」という言葉を使ってみましょう。

例えば、受験が近づいた生徒が、夏休みを利用してゼミナールの講習を受けることがあります。

一年を通じて受ける講習ではなく、夏休みを利用した短い期間の講習になります。

そのため、「短期講習」と表現できます。

このように「夏休みに、短期講習を受けて、実力を上げる」などと、「短期」を使った文章にできます。

「短期」を使った例文や短文など

「短期」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「短期」を使った例文1
  • 「短期」を使った例文2

「短期」を使った例文1

「『短期』バイトをして貯めたお金で、海外旅行に行く」

この例文は、短い期間にバイトをして、貯めたお金で海外旅行に行くという意味があります。

短い期間は、10日や1か月程度かもしれません。

このように「短期」には、「短い期間」「わずかな間」「あっという間」という意味があります。

長期休暇などを利用して「短期バイト」をすれば、海外旅行に行く費用は十分に貯められるでしょう。

「短期」を使った例文2

「メジャーリーグのプレーオフは、4戦先勝の『短期』決戦だ」

この例文は、メジャーリーグのプレーオフについての文章になります。

プレーオフの5試合制、7試合制などがありますが、7試合制の場合は、4戦で終わるかもしれない、短い期間の決戦になります。

そのため、「短期決戦」などと呼ばれています。



「短期」の類語や類義語・言い換え

「短期」の類語や類似を紹介します。

  • 「一朝一夕」【いっちょういっせき】
  • 「一時」【いっとき】

「一朝一夕」【いっちょういっせき】

「一朝一夕」には「極めてわずかな時間のこと」という意味があります。

「一朝一夕で、芸事は身に付かない」という文章は、「きわめて短い時間では、芸を身に付けることはできない」という意味になります。

「一時」【いっとき】

「一時」には「しばらくの間」「ちょっとの間」という意味があります。

「一時休ませてください」という文章は、「しばらくの間、休ませてください」という意味になります。

「一時、流行した料理」「一時は天下を取った」などという使い方をします。

icon まとめ

「短期」という言葉について見てきました。

短い期間やわずかな間の出来事について話す時などに、「短期」という言葉を使ってみましょう。