意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「創り出す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「造り出す」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「造り出す」という言葉を使った例文や、「造り出す」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「創り出す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「造り出す」とは?意味
  • 「造り出す」の表現の使い方
  • 「造り出す」を使った例文や短文など
  • 「造り出す」の類語や類義語・言い換え


「造り出す」とは?意味

「造り出す」には、「新しいものを初めて作り出すこと」という意味があります。

  • 「造り出す」の読み方

「造り出す」の読み方

「造り出す」の読み方は、「つくりだす」になります。



「造り出す」の表現の使い方

「造り出す」の表現の使い方を紹介します。

「造り出す」は、「新しいものを初めて作り出すこと」を意味します。

そこで、何か新しいものを、初めて作り出した様子に対して、「造り出す」という言葉を使ってみましょう。

例えば、過去に様々な発明がありました。

これらの発明は、新しいものを初めて作り出した場面になります。

例えば、エジソンが作った電球の発明は有名な話です。

この発明は、「エジソンが世界で初めて、電球を造り出した」などと、「造り出す」を使った文章にできます。

「造り出す」を使った例文や短文など

「造り出す」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「造り出す」を使った例文1
  • 「造り出す」を使った例文2

「造り出す」を使った例文1

「まるで新しい映画作品を『造り出した』と絶賛される」

この例文は、これまでにないような、まるで新しいと思われる映画作品を造り、観衆や評論家に絶賛されたという文章になります。

このように「造り出す」には、「新しいものを初めて作り出すこと」という意味があります。

映画という枠の中でありながら、まるで新しい作品を生み出した時、「造り出した」と言われるかもしれません。

「造り出す」を使った例文2

「やるからには、これまでない商品を『造り出したい』」

この例文は、新商品を開発するのなら、今までになかった、新しい商品を生み出したいという文章になります。

これまであるような、似たような商品を作っても、人々に与える印象は弱いため、作る意味がないかもしれません。

新商品を「造り出す」という、高い志が必要かもしれません。



「造り出す」の類語や類義語・言い換え

「造り出す」の類語や類似を紹介します。

  • 「生み出す」【うみだす】
  • 「天地創造」【てんちそうぞう】

「生み出す」【うみだす】

「生み出す」には、「子や卵を産むこと」という意味があります。

また「新しいもの今までなかった物を造り出すこと」を意味します。

「新商品を生み出す」などという使い方をします。

「天地創造」【てんちそうぞう】

「天地創造」は、「神が天と地を創造したことによって、世界が始まったとする考え」という意味があります。

「聖書を読んで、天地創造について学ぶ」などという使い方をします。

icon まとめ

「造り出す」という言葉について見てきました。

新しいものを初めて作り出すことを、言葉にする時、「造り出す」という言葉を使ってみましょう。