意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「生み出す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「生み出す」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「生み出す」という言葉を使った例文や、「生み出す」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「生み出す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「生み出す」とは?
  • 「生み出す」を使った例文や短文など
  • 「生み出す」の類語や類義語・言い換え


「生み出す」とは?

「生み出す」という言葉の読み方や意味を紹介します。

この言葉の読み方と意味を、あらためて知っておきましょう。

  • 「生み出す」の読み方
  • 「生み出す」の意味

「生み出す」の読み方

「生み出す」「うみだす」と読みます。

「うみです」「しょうみだす」などと読み間違えないようにしましょう。

「生み出す」の意味

「生み出す」という言葉には、「子や卵を母体から外に出すこと」という意味があります。

また「今までなかったものや、新しいものを作り出す」という意味もあります。

このように、「生み出す」という言葉には、「子や卵を母体から外に出すこと」「今までなかったものや、新しいものを作り出す」という意味があります。



「生み出す」を使った例文や短文など

次に「生み出す」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「生み出す」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「生み出す」を使った例文1
  • 「生み出す」を使った例文2

「生み出す」を使った例文1

「亀の親が、卵を『生み出す』時に、涙を流す」

この例文は、ウミガメの親が、砂浜に穴を掘り、卵を産む時の様子を文章にしたものです。

卵を「生み出す」時に、ウミガメの親が、涙を流しているように見えますが、感情的に涙を流しているのではなく、体内の海水を目から出しているという説もあります。

「生み出す」を使った例文2

「苦労の末、新商品を『生み出した』」

この例文は、数々の苦労を重ねて、新商品を作り出したという意味があります。

このように「新しいもの、今までなかった物を作り出す」という意味が、「生み出す」にはあります。

まるで親が子供を産むように、商品を開発する人にとって、新しい商品を作るということは、大変な苦労が必要のためかもしれません。

「生み出す」の類語や類義語・言い換え

続いて「生み出す」の類語や類似表現を紹介します。

「生み出す」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「産む」【うむ】
  • 「作り出す」【つくりだす】
  • 「創作」【そうさく】

「産む」【うむ】

「産む」には、「母体が子や卵を体外に出す」という意味があります。

「子供を産む」「卵を産む」という使い方をします。

「作り出す」【つくりだす】

「作り出す」には「作り始めること」「生産すること」「新しいものを作ること」という意味があります。

「芸術作品を作り出す」という言葉には、芸術的な作品を新たに作るという意味があります。

「創作」【そうさく】

「創作」には「それまでなかったものを、新たに作ること」という意味があります。

「斬新な絵を創作する」「創作活動をする」などという使い方をします。



icon まとめ

「生み出す」という言葉について見てきました。

子や卵を産む様子を見た時、また新しいものを作り出しているのを見た時に、「生み出す」という言葉を使ってみましょう。