意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「わざわざ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「わざわざ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「わざわざ」という言葉を使った例文や、「わざわざ」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「わざわざ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「わざわざ」とは?意味
  • 「わざわざ」の表現の使い方
  • 「わざわざ」を使った例文や短文など
  • 「わざわざ」の類語や類義語・言い換え


「わざわざ」とは?意味

「わざわざ」には、「他のことのついでではなく、特にそのためだけにすること」という意味があります。

また「わざわざ」は、「しなくてもよいことを、ことさらにする様子」を意味します。



「わざわざ」の表現の使い方

「わざわざ」の表現の使い方を紹介します。

「わざわざ」は、「他のことのついでではなく、特にそのためだけにすること」を意味します。

例えば、コンビニにスポーツ新聞を買いに行くとします。

コンビニで、食べ物や飲み物を購入するついでではなく、スポーツ新聞を買うために、コンビニに行くというケースもあるでしょう。

この場合は、「わざわざコンビニまで、スポーツ新聞を買いに行く」「わざわざ」を使った文章にできます。

また「わざわざ」は、「しなくてもよいことを、ことさらにする様子」を意味します。

例えば、結婚しているのに浮気をする人は、しなくてもよいことをことさらにしている印象になります。

そのため、「わざわざ浮気をして、妻を怒らせる夫」などと、「わざわざ」を使った文章にできます。

「わざわざ」を使った例文や短文など

「わざわざ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「わざわざ」を使った例文1
  • 「わざわざ」を使った例文2

「わざわざ」を使った例文1

「私に会うために、彼が『わざわざ』会社を尋ねてくれる」

この例文は、仕事関係者が自分に会うために、ついでではなく会社を訪ねてくれたという文章になります。

このように「わざわざ」には、「他のことのついでではなく、特にそのためだけにすること」という意味があります。

用事のついででも誰かが訪ねてくれることは嬉しいですが、「わざわざ」の場合は、より嬉しいかもしれません。

「わざわざ」を使った例文2

「『わざわざ』上司に怒られるようなことをする同僚」

この例文は、上司に怒られるようなことを、ことさらにするように見える、同僚についての文章になります。

このように「わざわざ」は、「しなくてもよいことを、ことさらにする様子」を意味します。

普通に仕事をしていれば怒られないのに、しなくてもいいことをして、怒られている様子の人は、「わざわざ怒られている」ように見えるかもしれません。



「わざわざ」の類語や類義語・言い換え

「わざわざ」の類語や類似を紹介します。

  • 「あえて」
  • 「いちいち」

「あえて」

「あえて」は、「やりにくいことを押し切ってすること」を意味します。

「あえて、言いにくいことを言う」という言葉には、「言いにくいことを、押し切って言う」という意味があります。

「あえて、強敵と戦うことを選ぶ」「あえて遠回りする」などという使い方をします。

「いちいち」

「いちいち」には「それぞれ」「一つ一つ」という意味があります。

「いちいち、文句を言う」という言葉には「一つ一つ文句を言う」という意味があります。

icon まとめ

「わざわざ」という言葉について見てきました。

他のことのついでではなく、特にそのためだけにすることについて話す時、また、しなくてもよいことを、ことさらにする様子を見た時などに、「わざわざ」という言葉を使ってみましょう。