意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「いちいち」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「いちいち」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「いちいち」という言葉を使った例文や、「いちいち」の類語を紹介して行きます。

いちいち

Meaning-Book
「いちいち」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「いちいち」とは?意味
  • 「いちいち」の表現の使い方
  • 「いちいち」を使った例文や短文など
  • 「いちいち」の類語や類義語・言い換え


「いちいち」とは?意味

「いちいち」には、「一つ一つの物事」という意味があります。

また「もれなく、一つ一つ」という意味があります。



「いちいち」の表現の使い方

「いちいち」の表現の使い方を紹介します。

「いちいち」には、「一つ一つの物事」という意味があります。

例えば、子供が学校から帰ってきて、学校で起こった一つ一つの物事を母親に話すかもしれません。

このような様子を、「子供が学校から帰ってきて、母親に、学校の話を、いちいちに渡って話す」などと、「いちいち」という言葉を使って文章にできます。

また「いちいち」には、「もれなく、一つ一つ」という意味があります。

そのため、誰かに対して、もれなく一つ一つ、悪口を言うような人のことを、「いちいち悪口を言う、口の悪い人」などと、「いちいち」を使って説明できます。

「いちいち」を使った例文や短文など

「いちいち」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「いちいち」を使った例文1
  • 「いちいち」を使った例文2

「いちいち」を使った例文1

「これから始める仕事の内容を、『いちいち』に渡り、説明する」

この例文は、ある人が、これからスタートする仕事について、内容を一つ一つ丁寧に説明する様子を文章にしたものです。

このように「いちいち」には、「一つ一つの物事」という意味があります。

人によっては、ある程度説明してもらえば十分で、すぐに仕事に取り掛かりたいという人もいれば、「いちいち」に渡って説明してもらえた方が嬉しい人もいるでしょう。

「いちいち」を使った例文2

「家事をするたびに『いちいち』文句を言われていたら、やる気を保持できない」

この例文のような体験をされた人もいるかもしれません。

家事をしたら、夫や妻に、もれなく文句を言われたとしたら、やる気を保持するのは難しいでしょう。

このように「いちいち」には、「もれなく、一つ一つ」という意味があります。



「いちいち」の類語や類義語・言い換え

「いちいち」の類語や類似を紹介します。

  • 「それぞれ」
  • 「事細かに」【ことこまかに】

「それぞれ」

「それぞれ」には「二つ以上の人や物の、一つ一つ」という意味があります。

「二次会の会場に、それぞれ向かってください」という言葉には、「二次回の会場に、一人一人、行ってください」という意味があります。

「それぞれの人生」「それぞれの目標」などという使い方をします。

「事細かに」【ことこまかに】

「事細かに」には、「こまごまと詳しい様子」という意味があります。

例えばビジネスシーンで、仕事の内容をこまごまと詳しく説明する時、「事細かに、仕事の内容を話す」などと言います。

「事細かに話す」「事細かに作業する」などという使い方をします。

icon まとめ

「いちいち」という言葉について見てきました。

一つ一つの物事について話す時、またもれなく、一つ一つ何かを言う時などに、「いちいち」という言葉を使ってみましょう。