意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「慎む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「慎む」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「慎む」という言葉を使った例文や、「慎む」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「慎む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「慎む」とは?意味
  • 「慎む」の表現の使い方
  • 「慎む」を使った例文や短文など
  • 「慎む」の類語や類義語・言い換え


「慎む」とは?意味

「慎む」には、「過ちや軽はずみなことがないよう、気を付ける」という意味があります。

また「度を越さないようにすること」を意味します。

  • 「慎む」の読み方

「慎む」の読み方

「慎む」の読み方は、「つつしむ」になります。



「慎む」の表現の使い方

「慎む」の表現の使い方を紹介します。

「慎む」は、「過ちや軽はずみなことがないよう、気を付けること」を意味します。

例えば、女性が、男性の前で極端な薄着をしてしまうと、男性にいらぬいやらしい気持ちを抱かせてしまうかもしれません。

そのことにより過ちがないように気を付ける様子を、「男性のいらぬ欲望をかきたてないように、露出の多い服を慎む」などと「慎む」を使った文章にできます。

また「慎む」「度を越さないようにすること」を意味します。

例えば、休日に24時間近くゲームをしている人は、ゲーム時間が度を越していると言えます。

そこで、「24時間ゲームをするような生活を慎む」などと、「慎む」という言葉を使って、今後の方針を文章にできます。

「慎む」を使った例文や短文など

「慎む」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「慎む」を使った例文1
  • 「慎む」を使った例文2

「慎む」を使った例文1

「目上の人と話す時は、口を『慎む』ようにする」

この例文は、目上の人と話す時、失礼がないよう、軽はずみなことを言わないように気を付けるという意味があります。

このように「慎む」は、「過ちや軽はずみなことがないよう、気を付けること」を意味します。

「慎む」を使った例文2

「酒を『慎み』、健康な体になりたい」

この例文は、お酒を飲みすぎて健康を害していると感じている人が、お酒を飲む量を、度を越さないようにしたいと思っているという文章になります。

このように、「慎む」「度を越さないようにすること」を意味します。

明らかに飲みすぎていると感じている人は、早めにお酒の量を「慎む」と体調が良くなるかもしれません。



「慎む」の類語や類義語・言い換え

「慎む」の類語や類似を紹介します。

  • 「摂生」【せっせい】
  • 「控え目」【ひかえめ】

「摂生」【せっせい】

「摂生」は、「飲食などを慎み、健康に注意すること」を意味します。

「規則正しい生活を送り、摂生すれば健康になる」などという使い方をします。

「控え目」【ひかえめ】

「控え目」には、「言動を遠慮がちにする」という意味があります。

また「量や程度を少なめにすること」を意味します。

「塩分控えめの醤油」という文章は、「塩分量を少なめにして作った醤油」を意味します。

「控え目に話す」「控え目な性格」などという使い方をします。

icon まとめ

「慎む」という言葉について見てきました。

過ちや軽はずみなことがないよう、気を付ける時、度を越さないようにする時、「慎む」という言葉を使ってみましょう。