意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「粗い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「粗い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「粗い」という言葉を使った例文や、「粗い」の類語を紹介して行きます。

粗い

Meaning-Book
「粗い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「粗い」とは?意味
  • 「粗い」の表現の使い方
  • 「粗い」を使った例文や短文など
  • 「粗い」の類語や類義語・言い換え


「粗い」とは?意味

「粗い」には、「隙間が大きい」「粒がざらざらしていること」という意味があります。

  • 「粗い」の読み方

「粗い」の読み方

「粗い」の読み方は、「あらい」になります。



「粗い」の表現の使い方

「粗い」の表現の使い方を紹介します。

「粗い」は、「隙間が大きい」「粒がざらざらしていること」を意味します。

そこで、隙間が大きく見えるものや、粒がざらざらしていると思えるものを見た時などに、「粗い」という言葉を使ってみましょう。

例えば、歯磨き用のチューブを使い、歯を磨くことがあります。

すると商品によっては、粒がざらざらしている感じられるものがあります。

このような歯磨き用のチューブの様子を、「今度の歯磨き用のチューブは、粗い感じがする」などと、「粗い」を使った文章で説明してみましょう。

「粗い」を使った例文や短文など

「粗い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「粗い」を使った例文1
  • 「粗い」を使った例文2

「粗い」を使った例文1

「このザルは『粗い』ため、残したい米まで溢れてしまう」

この例文は、米とぎをする時に、ザルの隙間が大きいため、残したい米までザルの外に出てしまうという文章になります。

このように「粗い」は、「隙間が大きい」「粒がざらざらしていること」を意味します。

ザルは目が詰まりすぎていても、米とぎがしにくいですが、「粗い」ものはさらに使えないかもしれません。

「粗い」を使った例文2

「スパイスが豊富に入ったカレーライスの舌触りが『粗い』と感じる」

この例文は、スパイスがたくさん入ったカレーライスを食べた感想についての文章になります。

最近は、クミンやクローブなどのスパイスを豊富に使い、ざらざらした触感を残しながら提供するスパイスカレーが流行中です。

そのため、舌触りが「粗い」と感じるような、カレーライスに出会えるかもしれません。



「粗い」の類語や類義語・言い換え

「粗い」の類語や類似を紹介します。

  • 「雑」【ざつ】
  • 「安っぽい」【やすっぽい】

「雑」【ざつ】

「雑」には「色々なものが入り交じっていること」という意味があります。

「雑味がする」という文章は、「色々な味が入り交じっていること」を意味します。

また「雑」「大まかでいい加減な様子」を意味します。

「雑な性格」などという使い方をします。

「安っぽい」【やすっぽい】

「安っぽい」には、「品物が劣っていて、値打ちが無いように見える」という意味があります。

また「下品な様子」を意味します。

「安っぽいカバン」「安っぽい人物」などという使い方をします。

icon まとめ

「粗い」という言葉について見てきました。

隙間が大きい物を見た時、また粒がざらざらしている様子を見た時に、「粗い」という言葉を使ってみましょう。