意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手慣れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスや日常会話で「手慣れる」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「手慣れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手慣れる」の意味
  • 「手慣れる」の表現の使い方
  • 「手慣れる」を使った例文と意味を解釈
  • 「手慣れる」の類語や類義語


「手慣れる」の意味

「手慣れる」の意味は以下の2つです。

1つ目は「使い易いと感じて上手に扱えること」という意味です。

主に道具に対して使われ、長い間使っていたもので手に馴染んでいることを言います。

2つ目は「いつもやっていることでスムーズにできる」という意味です。

他の人にとっては難しいことでも、長い間つづけてきていることから流れる様に行動できることを言います。

  • 「手慣れる」の読み方
  • 「手慣れる」と「慣れる」の違い

「手慣れる」の読み方

「手慣れる」の読み方は、「てなれる」になります。

難しい漢字ではないので読み書きできる様にしておきましょう。

「手慣れる」と「慣れる」の違い

「手慣れる」と似た言葉に「慣れる」がありますが、この2つはニュアンスが違います。

「手慣れる」は、「それをする人の経験が豊富で、高い技術を持っていることが分る様子」という意味です。

「慣れる」は、「その状態が長く続いたり、何度も経験しているうちに違和感がなくなること」という意味です。

実際に作業をする様子が優れている時には「手慣れる」が使われます。



「手慣れる」の表現の使い方

「手慣れる」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 実際に目の前で作業をする時に使う

文法的な使い方

「手慣れる」は動詞ですので、文末にそのまま使えますが、一般的には「手慣れている」として使われることが多くなります。

副詞として使う時には「手慣れた様子で~」という表現になります。

実際に目の前で作業をする時に使う

「手慣れる」は目の前で素晴らしい技術があること証明する様な行動をした時に使われます。

単に知識があるだけではなく、手を使って作業をする様子がスムーズであることを表す言葉です。

「手慣れる」を使った例文と意味を解釈

「手慣れる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手慣れる」を使った例文1
  • 「手慣れる」を使った例文2

「手慣れる」を使った例文1

「彼は手慣れた様子で料理をした」

一人暮らしの男性の家に行った時に、いつもやっているのが分る程鮮やかな手つきで料理を作ったことを表しています。

「手慣れる」を使った例文2

「彼は手慣れた様子でパソコンを分解して修理してくれた」

パソコンの調子が悪い時に、詳しい人にお願いしたところ、あっという間に分解して直してしまったことを表しています。



「手慣れる」の類語や類義語

「手慣れる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「手際がいい」【てぎわがいい】
  • 「要領がいい」【ようりょうがいい】

「手際がいい」【てぎわがいい】

「ものごとを滞りなく進めていき、テンポ良く処理していくこと」という意味です。

「要領がいい」【ようりょうがいい】

「ものごとの優先順位を把握して、早く上手に処理していく能力があること」という意味です。

icon まとめ

「手慣れる」「使い易いと感じて上手に扱えること」「いつもやっていることでスムーズにできる」という意味があります。

やり方が良く分かっていてよどみなく行動できる時に使いましょう。