意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「割り勘」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「割り勘」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「割り勘」という言葉を使った例文や、「割り勘」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「割り勘」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「割り勘」とは?意味
  • 「割り勘」の表現の使い方
  • 「割り勘」を使った例文や短文など
  • 「割り勘」の類語や類義語・言い換え


「割り勘」とは?意味

「割り勘」には、「精算時に請求された勘定を頭数で割り、各自が平等に支払うこと」「複数人で食事などをした時に、自分の費用は自分で払うこと」という意味があります。

  • 「割り勘」の読み方

「割り勘」の読み方

「割り勘」の読み方は、「わりかん」になります。



「割り勘」の表現の使い方

「割り勘」の表現の使い方を紹介します。

「割り勘」は、「精算時に請求された勘定を頭数で割り、各自が平等に支払うこと」「複数人で食事などをした時に、自分の費用は自分で払うこと」を意味します。

そこで、そのような支払方法を選んだ時、「割り勘」という言葉を使ってみましょう。

例えば、友達とファミレスで食事をした時、自分の分は自分で支払いをしようとするかもしれません。

しかし、相手はどう思っているか分かりません。

そこで「今回の食事代は、割り勘でいいよね」などと、「割り勘」という言葉を使って、意思表示してみましょう。

「割り勘」を使った例文や短文など

「割り勘」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「割り勘」を使った例文1
  • 「割り勘」を使った例文2

「割り勘」を使った例文1

「彼氏がデート代を『割り勘』にしたいと言ったため、楽しさが半減した」

この例文は、彼氏とデートをしている途中で、今日は費用を平等に支払おうと彼氏が言ったため、楽しくなくなったと感じている女性についての文章になります。

このように「割り勘」は、「勘定を人数で割り、各自が平等に支払うこと」を意味します。

恋人同士が、男性が奢るか、「割り勘」か、はたまた女性が奢るかは、カップル次第になります。

「割り勘」を使った例文2

「大人数の飲み会で、『割り勘』は面倒くさい」

この例文は、大人数で飲み会をした後で、「割り勘」をするのは面倒だという文章になります。

人数が多いため、割って数字を出すのが大変なこと、酔っているため、計算するのが面倒なことなどがあげられます。

できれば、持ち回りにして、誰かが奢り、次は誰かが奢るというようにしたほうが、会計が楽かもしれません。



「割り勘」の類語や類義語・言い換え

「割り勘」の類語や類似を紹介します。

  • 「折半」【せっぱん】
  • 「自腹」【じばら】

「折半」【せっぱん】

「折半」には「半分ずつにする」という意味があります。

「儲けを折半する」は、「儲けを半分に分けること」を意味します。

「料理を折半する」「負担を折半する」などという使い方をします。

「自腹」【じばら】

「自腹」「自分のポケットマネーで自分が払う」を意味します。

「自腹で資料を買う」には「自分の金で、資料を買う」という意味があります。

icon まとめ

「割り勘」という言葉について見てきました。

勘定を人数で割り、各自が平等に支払うこと、また数人で食事した時に、自分の費用を自分で払うことを、一言でいう時は、「割り勘」という言葉を使ってみましょう。