意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悪ふざけ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「悪ふざけ」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「悪ふざけ」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「悪ふざけ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「悪ふざけ」とは?意味
  • 「悪ふざけ」の表現の使い方
  • 「悪ふざけ」を使った例文と意味を解釈
  • 「悪ふざけ」の類語や類義語


「悪ふざけ」とは?意味

「悪ふざけ」とは、人に迷惑をかけるような、度を越してふざけることを言います。



「悪ふざけ」の表現の使い方

「悪ふざけ」の表現の使い方を紹介します。

「悪ふざけ」「ふざけ」とは「ふざける」ことですが、これは冗談を言ったり、おどけたことをするという意味で、特別に悪い意味というわけではありません。

しかし、その「ふざける」言動が悪いふざけ方になることがあります。

そのような場合は「悪ふざけ」という言葉で言い表すことになります。

また「悪ふざけ」とは人に迷惑をかけるようなものを言います。

つまり本人にそのようなつもりがなくても、結果的に人や周りに迷惑をかけてしまうことで「悪ふざけ」となる場合もあります。

「悪ふざけは止めろ」「彼らは授業中でも、悪ふざけするから迷惑だ」などと使います。

「悪ふざけ」を使った例文と意味を解釈

「悪ふざけ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「悪ふざけ」を使った例文1
  • 「悪ふざけ」を使った例文2
  • 「悪ふざけ」を使った例文3

「悪ふざけ」を使った例文1

「つい調子に乗って、悪ふざけをしてしまった、謝っても許してもらえないかもしれない」

調子に乗ってつい、度を越してしまうことがあります。

結果的に誰かに迷惑をかけてしまうことを「悪ふざけ」という言葉で言い表します。

迷惑をかけることがわかってするのはもちろん悪いことですが、そのような気持ちがなくても「悪ふざけ」になってしまうこともあります。

「悪ふざけ」を使った例文2

「そんな、悪ふざけするなら、もう仲間に入れてあげない」

人に迷惑をかけるほどふざけることを「悪ふざけ」と言いますが、例文のように、仲間でいたくないと相手から嫌われる原因にもなりますので気をつけなければなりません。

「悪ふざけ」を使った例文3

「悪ふざけ動画で、迷惑をかける場合もあるのよ、今後は気をつけなさい」

自分では、面白い動画を作ったと思っていても、周りに迷惑をかけるならばそれは「悪ふざけ動画」と言われてしまうでしょう。



「悪ふざけ」の類語や類義語

「悪ふざけ」の類語や類義語を紹介します。

  • 「悪乗り」【わるのり】
  • 「火遊び」【ひあそび】

「悪乗り」【わるのり】

「悪乗り」とはその場の雰囲気、相手の調子に合わせるうちに、度を越して調子に乗ってしまうことを言います。

「悪乗りしてしまった」「悪乗りするのはあなたの悪い癖」などと使います。

「火遊び」【ひあそび】

「火遊び」とは火をおもちゃにして遊ぶという意味の他に、危険な遊び、計画、その場だけの男女の関係という意味合いもあります。

「彼女のことを火遊びと言うなんて君は最低だ」「ほんの火遊びのつもりが大問題となってしまった」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「悪ふざけ」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。