意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悪習慣」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「悪習慣」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「悪習慣」という言葉を使った例文や、「悪習慣」の類語を紹介して行きます。

悪習慣

Meaning-Book
「悪習慣」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「悪習慣」とは?意味
  • 「悪習慣」の表現の使い方
  • 「悪習慣」を使った例文や短文など
  • 「悪習慣」の類語や類義語・言い換え


「悪習慣」とは?意味

「悪習慣」には、「悪習慣」には、「身体や心に悪い習慣」という意味があります。

  • 「悪習慣」の読み方

「悪習慣」の読み方

「悪習慣」の読み方は、「あくしゅうかん」になります。



「悪習慣」の表現の使い方

「悪習慣」の表現の使い方を紹介します。

「悪習慣」は、「身体や心に悪い習慣」を意味します。

そこで、そのような悪い習慣があると感じたら、「悪習慣」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ご飯を食べる時、かっ込んでしまいあまり噛まない人がいるかもしれません。

しかし噛まないと消化が悪く、胃腸に負担がかかるかもしれません。

また噛むことで代謝が上がりやすくなるため、太りやすくなるかもしれません。

このような習慣を誰かに説明する時、「あまり噛まずにすぐ食べる、悪習慣がある」などと、「悪習慣」という言葉を使ってみましょう。

「悪習慣」を使った例文や短文など

「悪習慣」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「悪習慣」を使った例文1
  • 「悪習慣」を使った例文2

「悪習慣」を使った例文1

「毎晩、深酒をするという『悪習慣』をやめたい」

この例文は、毎晩のように深酒してしまうという、体に悪い習慣をやめたいと思っている人についての文章になります。

お酒を毎晩のように飲むと、内臓に負担がかかり、筋肉の再生にも良くないと言われています。

またお酒を飲むと睡眠の質が悪くなるとされているため、翌日の活動が鈍くなるかもしれません。

このような理由で、毎晩の深酒は「悪習慣」と言えるでしょう。

「悪習慣」を使った例文2

「飲み会の帰りに、ラーメンを食べるのは『悪習慣』かもしれない」

この例文は、飲み会の帰り道に、必ずラーメンを食べてしまうことが、体にとって悪い習慣かもしれないと考えている人についての文章になります。

毎日のように飲み歩いている人が、必ずラーメンを食べた場合、確実に太り成人病などのリスクを抱えるでしょう。

ただし月に数回の飲み会の帰りにラーメンを食べる程度なら、ストレス解消になるかもしれず、必ずしも「悪習慣」とは呼べないかもしれません。



「悪習慣」の類語や類義語・言い換え

「悪習慣」の類語や類似を紹介します。

  • 「悪癖」【あくへき】
  • 「悪習」【あくしゅう】

「悪癖」【あくへき】

「悪癖」「悪い癖」を意味します。

誰にでもあるような、直したいけれど直せない悪い癖を「悪癖」と言います。

「悪習」【あくしゅう】

「悪習」には「悪い風習」という意味があります。

「悪習に染まる」という言葉は、「悪い風習に染まる」という意味があります。

「悪習をなくす」「悪習を変革する」などという使い方をします。

icon まとめ

「悪習慣」という言葉について見てきました。

身体や心に悪い習慣について話す時、「悪習慣」という言葉を使ってみましょう。