意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悪習」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「悪習」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「悪習」という言葉を使った例文や、「悪習」の類語を紹介して行きます。

悪習

Meaning-Book
「悪習」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「悪習」とは?
  • 「悪習」を使った例文や短文など
  • 「悪習」の類語や類義語・言い換え


「悪習」とは?

「悪習」という言葉を知っているでしょうか。

「悪習に染まる」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「悪習」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「悪習」という言葉の意味を紹介します。

  • 「悪習」の読み方
  • 「悪習」の意味

「悪習」の読み方

「悪習」「あくしゅう」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「悪習」「あくしゅう」と読みましょう。

「悪習」の意味

「悪習」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「悪習」には、「悪い風習」「悪い習慣」という意味があります。

「悪習に染まる」という言葉には、他からの影響で悪い習慣が身についたという意味があります。

例えば、たばこを吸う友達に囲まれていて、たばこを吸うようになった人は、「悪習に染まった」と言えるでしょう。

このように「悪習」という言葉には、「悪い風習」「悪い習慣」という意味があります。



「悪習」を使った例文や短文など

次に「悪習」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「悪習」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「悪習」を使った例文1
  • 「悪習」を使った例文2

「悪習」を使った例文1

「できればお酒を飲みすぎる、『悪習』を改善したい」

この例文のように、お酒を飲みすぎる癖がある人がいるかもしれません。

適度な酒量なら問題ない所、浴びるようにお酒を飲んでしまう場合は「悪習」と言えます。

この例文に登場する人のように、お酒を飲みすぎるという「悪習」を改善したい人は多いかもしれません。

「悪習」を使った例文2

「居酒屋でお通しがでるのは、『悪習』という意見がある」

この例文のように、居酒屋に行くと、「お通し」として注文していない料理が出て代金を取られます。

居酒屋としては席代の意味がある「お通し」ですが、この制度を「悪習」と呼ぶ人もいます。

「悪習」の類語や類義語・言い換え

最後に「悪習」の類語や類似表現を紹介します。

「悪習」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「悪い癖」【わるいくせ】
  • 「悪いしきたり」【わるいしきたり】

「悪い癖」【わるいくせ】

「悪い癖」には「良くない癖」という意味があります。

できれば直したいような癖を「悪い癖」と呼びます。

「悪いしきたり」【わるいしきたり】

「悪いしきたり」には、「昔から伝わる悪い風習」という意味があります。

「この会社の悪いしきたりを消したい」などという使い方をします。



icon まとめ

「悪習」という言葉について見てきました。

できたらやめたいような、悪い習慣がある時、「悪習」という言葉を使ってみましょう。