意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「多様性」とは?意味や使い方!例文や解釈

「多様性」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「多様性」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「多様性」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「多様性」とは?
  • 「多様性」の表現の使い方
  • 「多様性」を使った言葉と意味を解釈
  • 「多様性」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「多様性」の反対語
  • 「多様性」の類語や類義語・言い換え
  • 「多様性」の英語と解釈


「多様性」とは?

「多様性」とは、「色々なものがあること、変化に富んでいること、そのような色々な種類や傾向があること」を言います。

  • 「多様性」の読み方

「多様性」の読み方

「多様性」とは「たようせい」と読みます。



「多様性」の表現の使い方

「多様性」とは色々なものがあること、変化に富んでいること、といった意味になります。

例えば「多様性を認める」と言えば、色々な人がいる、色々な物ごとがある、といったように自分とは違うもの、考えがあっても当然であるという風に価値観を受け入れることです。

「陸地に住む生物の多様性」「多様性を広げていかねばならない」などと使います。

「多様性」を使った言葉と意味を解釈

「多様性」を使った言葉や言い回しをいくつか紹介していきます。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「多様性を認めない」
  • 「多様性のある会社」
  • 「多様性を育てる」

「多様性を認めない」

「多様性を認めない」とは、よく使われる言い回しですが、意味は簡単に言ってしまえば自分の意見が正しいと思っていて、他のことは受け入れないということになります。

つまり「多様性を認めない会社」などと言いますのはワンマン経営であったり、業務内容の変化を嫌ったり、同じような人たちを集め、決まりきった仕事の仕方を続けていくということになります。

「社長一族は、絶対に多様性を認めないだろうから会社は変わらない」「多様性を認めない母からすれば、私が会社を辞めたことは人生の転落としか思えないようだ」などと使います。

「多様性のある会社」

「多様性のある会社」とは、色々な人材がいる、働き方がある、変化に富んだ業務内容であるといった意味合いとなります。

どちらかと言えば「多様性のある会社」はいいイメージがある言葉でしょう。

「多様性のある会社で働きたい」「これからは多様性のある会社は増えていくと思います、そうでなければやっていけないでしょうから」などと使います。

「多様性を育てる」

「多様性を育てる」とは、色々な個性がある、変化に富んでいたり、自分とは違うものを受け入れる心を持っている、そのように教えて導くことを言います。

「皆同じことをさせるのではなく、多様性を育てることに力を入れている」「ただ勉強を詰め込むだけでなく、多様性を育てることが、大事だ」という風に使います。



「多様性」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「多様性」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「多様性」を使った例文1
  • 「多様性」を使った例文2

「多様性」を使った例文1

「企業として生き残りをかけるなら、自分の価値観だけに囚われず、多様性を発展させていくことが必要だ」

「多様性」とは色々なものがあること、変化に富んでいること、違うものを受け入れるといった意味で使われます。

今までと同じやり方で危機を感じるならば変化する必要があるのです。

柔軟性を持ち、他の方法を取り入れる、様々な人材を雇うなど、変化させていくことを「多様性を発展」という風に言います。

「多様性」を使った例文2

「僕の父は多様性のある人ではないし、自分の考えが絶対っていう性格だから話し合いにならないよ」

「多様性がある人」というのは、ようするに、他の価値観があることを認めている、自分と人が違っていても当たり前だと素直に受け入れることができる人のことです。

自分の言うことだけが正しいと思い込んでいる人は「多様性がある人ではない」ということになるでしょう。

「多様性」の反対語

「多様性」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「画一性」【かくいつせい】
  • 「排他的」【はいたてき】

「画一性」【かくいつせい】

「画一性」とは個々の性質、事情は関係なく、どれも同じに揃えることを言います。

「画一性を重視する教育方法は時代遅れだと僕は思う」という風に使います。

「排他的」【はいたてき】

「排他的」とは自分や自分と同調する者以外を排斥する傾向のことを言います。

「排他的な会社に就職すると苦労する」「普段から、上司は排他的な言動が多い」などと使います。

「多様性」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「多様性」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「多種」【たしゅ】
  • 「多彩」【たさい】
  • 「別種」【べっしゅ】
  • 「千般」【せんぱん】
  • 「バラエティー」【ばらえてぃー】

「多種」【たしゅ】

「多種」とは種類が多いことを言います。

「多種多様なプランがあります」という風に使います。

「多彩」【たさい】

「多彩」とは、種類が多く華やかであることを言います。

「多彩な顔触れ」「多彩なイベントで盛り上がっている」などと使います。

「別種」【べっしゅ】

「別種」とは別の種類という意味になります。

「同属だけど、別種の植物になる」「彼だけはあの狡猾な一族の別種で、信用できる男だ」などと使います。

「千般」【せんぱん】

「千般」とは種々、様々、色々という意味になります。

「バラエティー」【ばらえてぃー】

「バラエティー」とは種々、様々であること、変化のあることを言います。

「今日はやけに、バラエティーに富むメンバーだな」「バラエティー豊か」などと使います。

「多様性」の英語と解釈

「多様性」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“veriety”“diversity”という英単語を使います。

例文は“increase diversity”(多様性を広げる)、“ethnic diversity”(民族の多様性)などと、なります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「多様性」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。