意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「濃密」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「濃密」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「濃密」という言葉を使った例文や、「濃密」の類語を紹介して行きます。

濃密

Meaning-Book
「濃密」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「濃密」とは?意味
  • 「濃密」の表現の使い方
  • 「濃密」を使った例文や短文など
  • 「濃密」の類語や類義語・言い換え


「濃密」とは?意味

「濃密」には、「密度が濃くて細やかな様子」という意味があります。

  • 「濃密」の読み方

「濃密」の読み方

「濃密」の読み方は、「のうみつ」になります。



「濃密」の表現の使い方

「濃密」の表現の使い方を紹介します。

「濃密」は、「色合いや味わいの密度が比較的濃いこと」を意味します。

そのため、何かが、密度が濃いと感じた時に、「濃密」という言葉を使ってみましょう。

例えば、高級レストランでサービスを受ける時、ファミレスなどで受けるサービスと違い、サービスの密度が細かく、濃いと感じられるかもしれません。

このような様子を、「高級レストランで、濃密なサービスを受けた」というように、「濃密」という言葉を使って表現してみましょう。

「濃密」を使った例文や短文など

「濃密」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「濃密」を使った例文1
  • 「濃密」を使った例文2

「濃密」を使った例文1

「野球部の合宿生活は、『濃密』な一週間になる」

この例文は、野球部の合宿が始まる前、きっとこれからの一週間は、密度が濃い一週間になると感じている文章になります。

このように「濃密」は、「色合いや味わいの密度が比較的濃いこと」を意味します。

朝から夜まで、監督や部員と一緒に生活をし、練習のスケジュールが細かく決まっているため、のんびりできる時間が少なく、「濃密」だと感じやすいでしょう。

「濃密」を使った例文2

「山を歩いていたら、『濃密』な霧が出て、前が見えなくなる」

この例文は、山歩きをしている時に、密度が濃くて細やかな霧が出てきたため、前が見えなくなるという文章になります。

1メートル前も見えなくなるほどの霧は、「濃密な霧」と表現できます。

このような場面に遭遇した時は、その場に立ち止り、動かない方が安全かもしれません。



「濃密」の類語や類義語・言い換え

「濃密」の類語や類似を紹介します。

  • 「濃厚」【のうこう】
  • 「鬱々たる」【うつうつたる】

「濃厚」【のうこう】

「濃厚」は、「色や味、成分などが濃いこと」を意味します。

「濃厚なスープのラーメン」という文章には、「色や味が濃いスープのラーメン」という意味があります。

「疑惑が濃厚」「敗色濃厚」という使い方をします。

「鬱々たる」【うつうつたる】

「鬱々たる」には、「落胆し、心が塞いで気が重いこと」という意味があります。

また「草木が生い茂ること」を意味します。

「鬱々たる日々を送る」という文章は、「心が塞ぎ、晴々しない毎日を生きる」という意味があります。

icon まとめ

「濃密」という言葉について見てきました。

密度が濃くて細やかな様子について話す時、「濃密」という言葉を使ってみましょう。