意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「鋭敏」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「鋭敏」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「鋭敏」という表現について詳しく紹介していきます。

鋭敏

Meaning-Book
「鋭敏」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「鋭敏」の意味
  • 「鋭敏」の表現の使い方
  • 「鋭敏」を使った例文と意味を解釈
  • 「鋭敏」の類語や類義語


「鋭敏」の意味

「鋭敏」というのは「感覚などが鋭いこと」「才知が鋭くさとい事」という意味になります。

例えば聴覚が鋭く、他の人が聞かないような音までわかる、物音などにすぐ気づく、という場合は「鋭敏な聴覚」と言えます。

物事を鋭く感じ取る時にもこの表現が使われますので、例えば人の雰囲気の変化で何が起こったか察しがつく、顔色の変化にすぐ気づく、などという場合にも「鋭敏」という表現が使えます。

  • 「鋭敏」の読み方

「鋭敏」の読み方

「鋭敏」の読み方は、「えいびん」になります。

日常的にも使える表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「鋭敏」の表現の使い方

「鋭敏」の表現の使い方を紹介します。

誰かと話をした時など、話をした雰囲気で「もしかして何かあったかもしれない」などと感じられる人もいるのではないでしょうか。

それは「感覚が鋭敏」という事です。

両親と話した時、その雰囲気から「もしかして夫婦喧嘩した?」と気づけたのであれば、それは「鋭敏」な感覚だと言えるでしょう。

「鋭敏」を使った例文と意味を解釈

「鋭敏」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「鋭敏」を使った例文1
  • 「鋭敏」を使った例文2

「鋭敏」を使った例文1

「子供たちは鋭敏な感覚を持っていることが多いです」

子供たちと言えば、まだ成長過程でよく理解できないのではないかなどと思われることもありますが、実際は大人以上に鋭い感覚を持っているとも言われています。

簡単に傷ついてしまいますし、傷ついた心は癒されるまでに時間がかかるということもあるでしょう。

子供だからわかるわけがない、子供だからすぐ立ち直る、などと思ってはいけません。

「鋭敏」を使った例文2

「彼女は鋭敏な聴覚を持っているため、落とし物にすぐ気がつきます」

「鋭敏」な聴覚を持っていると、何かを落としたときにすぐ気がつきます。

硬いものを落とした時はそれなりに音が聞こえるものですが、柔らかいものを落とした時などはさっぱりわからないという人も多いかもしれません。

しかし、「鋭敏」の聴覚を持っている人はそのような音も聞き取れると言われており、だからこそ何かが落ちたときにすぐ築けると考えられます。



「鋭敏」の類語や類義語

「鋭敏」の類語や類義語を紹介します。

  • 「鋭い」【するどい】
  • 「素早い」【すばやい】

「鋭い」【するどい】

「鋭い」というのは「刃物などの刃先が尖っている」という意味もありますし、「勢いが激しく厳しい感じ」という意味もあります。

「動作が機敏である」という時に使われる表現です。

「素早い」【すばやい】

「素早い」というのは「動作が早い」という意味です。

「あの人はいつも素早い」などと使われ、「敏捷」と言われることもあります。

icon まとめ

「鋭敏」という表現は日常的にも使えますのでぜひ覚えておきましょう。

雰囲気などは「鋭敏」に感じ取れるようになりたいです。