意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「緻密」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「緻密」という言葉を色々な場面で耳にすることがあるかと思います。

この言葉には、とても繊細でとても神経を使うような繊細な印象を覚えます。

では、この「緻密」とは、どのような意味があり、どんな使い方ができるのでしょうか?

そこで今回は、この「緻密」にフォーカスしていくことにします。

Meaning-Book
「緻密」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「緻密」の意味
  • 「緻密」の表現の使い方
  • 「緻密」を使った例文と意味を解釈
  • 「緻密」の類語や類義語


「緻密」の意味

「緻密」とは「細工が細かいこと」「細部の所まで行き届いていること」という意味を持つ言葉です。

  • 「緻密」の読み方

「緻密」の読み方

「緻密」「ちみつ」という読み方をしますが、「緻」はあまり目にすることが少ない漢字なので、この項でしっかりとチェックしておいてください。



「緻密」の表現の使い方

「緻密」とは、「細かな部分まで行き届いていること」という意味がありますので、「緻密な神経」というように、普通の人では中々気が回らないような所に、意識が行くような場面で使われています。

「緻密」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「緻密」を使った例文わ見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「緻密」を使った例文1
  • 「緻密」を使った例文2

「緻密」を使った例文1

「我々は緻密な調査の結果に基づき、結論を導き出した。この結論は疑う余地はないはずだ」

世の中には、物事の発生原因を究明するために、大変な労力と時間をかけることがあります。

また、地震や台風など天災などを予測するような場面でも、「緻密」な調査・研究を行っています。

この例文も、そのような場面のことなのでしょうが、多くの人手をかけて積み重ねてきた研究がゆえに、その結論に大きな自信を持っているものと思われます。

「緻密」を使った例文2

「昨年のプロジェクト開始して以降、緻密な観察を続けており、予測の精度の高まっていくことと思われます」

これもあるプロジェクトにおける取り組みの中で、「緻密」な観察を続けてきたことで、予測の能力が高くなり、その制度が高くなっていきます。



「緻密」の類語や類義語

では、「緻密」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉で言い換えることができるか見ていきたいと思います。

  • 「的確」【てきかく】
  • 「綿密」【めんみつ】

「的確」【てきかく】

「的確」「緻密」に近い意味を持つ類義語として挙げることができます。

「正確に、またはほぼ正確に事実あるいは規格に従うか、完全な正確さで実行するさま」という意味で使われています。

「綿密」【めんみつ】

「綿密」「緻密」と同じ意味で使われる言葉の1つで、「慎重に微細に開発されるか、または実行される」ということを指しています。

icon まとめ

「緻密」という言葉の意味や使い方を色々と紹介してきましたが、世の中には色々な出来事があります。

その出来事に対して、私達がどのように向き合っていくか、とても難しい場合があります。

社会的な問題にもなる可能性もあるために、「緻密」な調査・研究を重ねて行き、その問題と向き合わなければならないかもしれません。