意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「労り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「労り」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「労り」という言葉を使った例文や、「労り」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「労り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「労り」とは?意味
  • 「労り」の表現の使い方
  • 「労り」を使った例文や短文など
  • 「労り」の類語や類義語・言い換え


「労り」とは?意味

「労り」には、「いたわること」という意味があります。

また「思いやりの気持ちで接すること」という意味があります。

  • 「労り」の読み方

「労り」の読み方

「労り」の読み方は、「いたわり」になります。



「労り」の表現の使い方

「労り」の表現の使い方を紹介します。

「労り」には、「労わること」「思いやりの気持ちで接すること」という意味があります。

そこで、誰かを労わったり、思いやりの気持ちで接している様子を見た時、「労り」という言葉を使ってみましょう。

例えば、仕事で疲れて帰ってきた主人を、思いやりの気持ちで妻が接するかもしれません。

このような様子は、「仕事で疲れて帰ってきた夫に、労りの気持ちを持って接する妻」などと、「労り」という言葉を使って表現できます。

「労り」を使った例文や短文など

「労り」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「労り」を使った例文1
  • 「労り」を使った例文2

「労り」を使った例文1

「親に対する『労り』が足りないと反省する」

この例文には、親に対して、思いやりの気持ちを持って接していないことを反省することという意味があります。

このように、「労り」には、「いたわること」「思いやりの気持ちで接すること」という意味があります。

親が若いうちはまだしも、親が高齢になってきたら、「労り」の心を持って接するようにしましょう。

「労り」を使った例文2

「もっと妻に『労り』の気持ちを持てば、離婚されなかったかもしれない」

この例文には、妻に対して、もっと思いやりの気持ちを強く持って接していたら、離婚されるような関係にはならなかったと、夫が反省している場面になります。

夫婦生活は、互いに支え合って生きて行く必要があるため、そのことを早めに理解し、「労り」の気持ちを持って生活すべきだったかもしれません。



「労り」の類語や類義語・言い換え

「労り」の類語や類似を紹介します。

  • 「思いやり」【おもいやり】
  • 「ねぎらい」

「思いやり」【おもいやり】

「思いやり」には、「他人の身の上や心情に心を配ること」という意味があります。

「思いやりのある態度」「思いやりにあふれた話し方」などという使い方をします。

「ねぎらい」

「ねぎらい」には、「相手の苦労をいたわること」という意味があります。

「仕事で頑張った部下をねぎらう」という言葉には「仕事で頑張った、部下の苦労をいたわる」という意味があります。

「対戦相手に、ねぎらいの声を掛ける」などという使い方をします。

icon まとめ

「労り」という言葉について見てきました。

誰かをいたわる様子を見た時、思いやりの気持ちで接する様子を見た時に、「労り」という言葉を使ってみましょう。