意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「余波」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「余波」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「余波」という言葉を使った例文や、「余波」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「余波」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「余波」とは?意味
  • 「余波」の表現の使い方
  • 「余波」を使った例文や短文など
  • 「余波」の類語や類義語・言い換え


「余波」とは?意味

「余波」には、「ある事柄が、周囲のものに影響を及ぼすこと」という意味があります。

  • 「余波」の読み方

「余波」の読み方

「余波」の読み方は、「よは」になります。



「余波」の表現の使い方

「余波」の表現の使い方を紹介します。

「余波」には、「ある事柄が、周囲のものに影響を及ぼすこと」という意味があります。

そこで、ある事柄が、周囲に影響を及ぼしていると思った時に、「余波」という言葉を使ってみましょう。

「余波」を使った例文や短文など

「余波」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「余波」を使った例文1
  • 「余波」を使った例文2

「余波」を使った例文1

「彼が仕事でミスをしたのは、3日前に失恋した『余波』かもしれない」

この例文は、仕事でミスをした男性についての文章になります。

ミスをしたのは、3日前のした失恋の影響ではないかと、周囲の人が推測しているという文章になります。

このように「余波」には、「ある事柄が、周囲のものに影響を及ぼすこと」という意味があります。

失恋から3日しか経っていないいないことを考えると、「失恋の余波によるミス」という推測は当たっているかもしれません。

「余波」を使った例文2

「街を歩く人々の様子が明るいのは、今夜行われる祭りの『余波』かもしれない」

この例文は、今夜行われる祭りが、街の人々に影響を与え、明るい雰囲気を作っているという文章になります。

実際に、祭りがある日の街の様子は、いつもより華やいでいるように感じます。

祭りをしている瞬間が楽しいだけでなく、その周辺の日々にも良い影響を与えているのかもしれません。

また祭りの夜にカップルが生まれるのも、祭りの「余波」かもしれません。



「余波」の類語や類義語・言い換え

「余波」の類語や類似を紹介します。

  • 「影響」【えいきょう】
  • 「及ぶ」【およぶ】

「影響」【えいきょう】

「影響」には「物事の力や作用が他の物にまで及ぶこと」という意味があります。

「台風の影響が大きい」という文章には、「台風の力や作用が、地域の人や家屋などに強く及ぶ」という意味があります。

「職場全体に影響が及ぶ」「大勢に影響する話だ」などという使い方をします。

「及ぶ」【およぶ】

「及ぶ」には、「物事が続いたり広がったりして、あるところ、範囲に届く」という意味があります。

「被害が、○○県に及ぶ」という言葉には、「被害が○○県まで広がり、届く」という意味があります。

icon まとめ

「余波」という言葉について見てきました。

ある事柄が、周囲のものに影響を及ぼすようすについて話す時、「余波」という言葉を使ってみましょう。