意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「問題の渦中」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「問題の渦中」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「問題の渦中」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「問題の渦中」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「問題の渦中」の意味
  • 「問題の渦中」の表現の使い方
  • 「問題の渦中」を使った例文と意味を解釈
  • 「問題の渦中」の類語や類義語


「問題の渦中」の意味

「問題の渦中」というのは「揉め事等の中心」という意味になります。

「渦中」という表現には「水の渦巻く中のこと」という意味もありますが、これ以外に「ゴタゴタした事件の中」「揉め事等の中心」という意味があるのです。

例えば、「あの人は問題の渦中にいます」と言えば、その人は問題の中心にいるという意味であり、つまりその人が問題の当事者である」ということになるのです。

  • 「問題の渦中」の読み方

「問題の渦中」の読み方

「問題の渦中」の読み方は、「もんだいのかちゅう」になります。

ニュースなどでも使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「問題の渦中」の表現の使い方

「問題の渦中」の表現の使い方を紹介します。

世の中には様々な問題があります。

その問題の当事者である、その問題の中心にいる、という場合は「あの人がこの問題の渦中にいます」のように表現できます。

例えば、政治家などが失言をして問題になった場合、その失言をした人物が「問題の渦中にいる」ということになります。

トラブル等に関与しないためにも、「問題の渦中にいる人とはあまり関わりたくありません」と感じる人もいるのではないでしょうか。

「問題の渦中」を使った例文と意味を解釈

「問題の渦中」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「問題の渦中」を使った例文1
  • 「問題の渦中」を使った例文2

「問題の渦中」を使った例文1

「彼が問題の渦中にいるので、話をするときは気をつけたほうがいいですよ」

何かトラブルが起こっている時、たとえどれだけ関わりたくないと思ったとしてもいつの間にか関係してしまっていた、いつの間にか巻き込まれてしまっていた、などということもあります。

そのため、何かトラブルが生じている場合は関係者とできるだけ関わりたくないと感じる人もいるのではないでしょうか。

また、他の人にも「あの人は問題の関係者だから気をつけて」などと言われることがあるかもしれません。

「問題の渦中」を使った例文2

「彼女はお人好しで、いつの間にか問題の渦中に巻き込まれていました」

お人好しで何でも人の助けになろうとしてしまう、などという場合、気づいたら「問題の渦中にいた」ということもあるかもしれません。

深入りしてしまったり、話を親身に聞きすぎてしまったりして巻き込まれてしまうパターンです。

優しくすることが大切ですし、人の助けになろうとすることも重要です。

しかし、問題に巻き込まれないように注意することを強さだと言えるのではないでしょうか。



「問題の渦中」の類語や類義語

「問題の渦中」の類語や類義語を紹介します。

  • 「真っ只中」【まっただなか】
  • 「最中」【さなか】

「真っ只中」【まっただなか】

「真っ只中」というのは「真ん中」という意味です。

「この島は太平洋の真っ只中にあります」のように使われます。

「最中」【さなか】

「最中」「動作や状態の表れが高まっている時」という意味ですが、「動作が進んでまだ終わっていない時」という意味で使われることもあります。

「食事の最中に電話が来た」などと使われます。

「もなか」と読まれることもあります。

icon まとめ

「問題の渦中」という表現はニュースなどでもよく聞く言い回しです。

ぜひ覚えておきましょう。