意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「問題提起」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「問題提起」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「問題提起」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

問題提起

Meaning-Book
「問題提起」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「問題提起」とは?
  • 「問題提起」の提起とは?
  • 「問題提起」の表現の使い方
  • 「問題提起」を使った例文と意味を解釈
  • 「問題提起」の類語や類義語・言い換え


「問題提起」とは?

「問題提起」というのは問題や課題を投げかけるということになります。

日常的に使われる表現ではありませんが、ビジネスの場では用いられる表現ですのでしっかりと覚えておきたいものです。

世の中の動きなどに対し、自分なりに問題や課題を感じることがありますよね。

例えば、職場で新しいプロジェクトなどを始動している場合には何が問題だと感じるのか、どのようなサービスが顧客を集められるのか、自分なりに提案しなければいけないことがあります。

自分の企画が取り上げられると嬉しいものですよね。

そのためにも、自分なりに問題や課題を探し、解決していかなければいけません。

  • 「問題提起」の読み方

「問題提起」の読み方

「問題提起」という表現は「もんだいていき」と読みます。

よく使われる言い回しですので、ぜひ覚えておきましょう。



「問題提起」の提起とは?

「問題提起」と聞くと、「問題」はわかるけれど「提起」がよくわからないと感じる人もいるかもしれません。

「提起」というのは差し出すこと、訴訟や問題を持ち出すこと、という意味になり、問題や話題などを持ち出す場合にこの表現が使われます。

疑問を提起する、違憲訴訟を提起する、などと表現します。

「問題提起」の表現の使い方

「問題提起」という表現は問題や課題を投げかけるときに使える表現であり、例えば自分なりに「これは問題だ」と感じたことを誰かに提案する場合、「問題提起をする」と言えます。

職場では問題だと思ったことを解決し、新しい商品を見出していくことがありますよね。

新しい商品を販売した後、ここが問題だ、ここが改善できる、と感じたところをどんどん提唱し、より良いサービスを生み出していかなければいけません。

これこそ「問題提起」になるのです。



「問題提起」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「問題提起」を使った例文1
  • 「問題提起」を使った例文2

「問題提起」を使った例文1

「彼女は頻繁に問題提起をするが、大体あてにならない」

問題提起はすれば良いというわけではありません。

どれだけ自分なりに問題や課題を提示したとしても、それが周りにとって価値あるものでなければ、ビジネスでは受け付けてもらえないかもしれないですね。

ぜひ周りに受け付けてもらえるような問題提起をしていきたいものです。

「問題提起」を使った例文2

「何かを感じたら問題提起することが重要です」

その一方で、何か職場で疑問などを感じた場合はすぐに問題提起をすることが大切だと考える人も珍しくありません。

職場においては1つの問題提起が環境や商品を大きく変える可能性もありますし、とりあえずアイディアが出ればそれなりに問題が明らかになる、他の人が良い意見を提唱できる可能性もある、と考えられます。

思った事はそれなりに口に出すことも大切なのです。

「問題提起」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「疑問を投げかける」【ぎもんをなげかける】
  • 「課題の提示」【かだいのていじ】

「疑問を投げかける」【ぎもんをなげかける】

「疑問を投げかける」というのは物事の真偽や正誤等について否定的な感情を持つ、疑義がある、という意味になります。

疑問という言葉には疑いということを、本当かどうか疑わしい事柄、という意味があり、投げかけるという言葉には相手に伝えて意見を、という意味があります。

「課題の提示」【かだいのていじ】

「課題のページ」という表現には問題点を挙げるという意味があります。

課題というのは題や問題を与えること、あるいはその与えられた問題という意味であり、提示というのは広く知らせる、という意味になります。

icon まとめ

「問題提起」はビジネスでは非常に重要です。

日常的にも自分なりの考え方をしっかりと持てるようにしていきたいですね。