意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「無気力」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「無気力」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「無気力」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「無気力」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「無気力」の意味
  • 「無気力」の表現の使い方
  • 「無気力」を使った例文と意味を解釈
  • 「無気力」の類語や類義語


「無気力」の意味

「無気力」というのは「何をする気力もない」という意味になります。

「やる気がないこと」を指す場合もあり、問えば「最近の大学生は無気力です」と言われることもあります。

楽しい週末を過ごすと、月曜日はどうしても「無気力」になってしまい、仕事に行きたくないと感じる人もいるのではないでしょうか。

月曜日は「無気力」になって学校に行きたくないと感じる人も多いかもしれません。

  • 「無気力」の読み方

「無気力」の読み方

「無気力」の読み方は、「むきりょく」になります。

誰でも使う可能性がある表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「無気力」の表現の使い方

「無気力」の表現の使い方を紹介します。

「無気力」というのは「やる気が起こらない」という意味を持ち合わせています。

例えば、誰でも楽しい連休を過ごすと、仕事や学校に行くのが億劫になってしまうのではないでしょうか。

これが「無気力」になります。

忙しすぎて体が疲れてしまい、何もやりたくないと感じることがあるかもしれません。

疲れすぎたり、ストレスが溜まりすぎたりすると「無気力」になる可能性がある、という指摘もあります。

「無気力」を使った例文と意味を解釈

「無気力」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「無気力」を使った例文1
  • 「無気力」を使った例文2

「無気力」を使った例文1

「ゴールデンウィークが明けると無気力になってしまい、仕事に行きたくなくなってしまいます」

4月に入って新年度が始まり、1ヵ月過ぎるとゴールデンウィークが始まります。

ゴールデンウィークが長くなると、せっかく仕事に慣れた体が鈍ってしまい、仕事に行きたくない、などと感じる人が増えると言われています。

「さつき病」と言われることもあります。

ゆっくりと仕事や学問に体を慣らしながら、エネルギーを取り戻していきたいものです。

「無気力」を使った例文2

「最近の学生は無気力だと言われています」

最近の大学生は「無気力」だと言われることがあります。

もちろん全ての学生が「無気力」というわけではありませんが、やる気のない学生が増えている、という指摘もあります。

夢を持って大学に行くわけですから、ぜひ学問に精を出したいものです。

将来のために、有効な時間を過ごしたいものです。



「無気力」の類語や類義語

「無気力」の類語や類義語を紹介します。

  • 「無関心」【むかんしん】
  • 「ぬるま湯的」【ぬるまゆてき】

「無関心」【むかんしん】

「無関心」というのは「一般的に物事に対する熱意や関心が欠如している状態」という意味です。

「物事に対して関心や執着の念を持たない」という意味で、「頓着しない」と言われることもあります。

「ぬるま湯的」【ぬるまゆてき】

「ぬるま湯的」というのは「意欲や活力がない様子」という意味です。

「人を取り巻く環境に活力がない」という時にも使われる表現であり、「だらけた」「締まりのない」と言われることもあります。

icon まとめ

「無気力」という表現は誰でも使う可能性がある言葉ですので、ぜひ覚えておきましょう。

「無気力」にならないように気をつけたいところです。