意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手探り状態」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「手探り状態」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「手探り状態」という言葉を使った例文や、「手探り状態」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「手探り状態」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手探り状態」とは?意味
  • 「手探り状態」の表現の使い方
  • 「手探り状態」を使った例文や短文など
  • 「手探り状態」の類語や類義語・言い換え


「手探り状態」とは?意味

「手探り状態」には、「何も勝手が分からない状態で、何かをしなければならない様子」という意味があります。

  • 「手探り状態」の読み方
  • 「手探り」の意味

「手探り状態」の読み方

「手探り状態」の読み方は、「てさぐりじょうたい」になります。

「手探り」の意味

「手探り」には「見えない所にあるものを、手先の感触で探し求めること」という意味があります。

また「確実な方法が分からないまま、あれこれ模索すること」という意味があります。



「手探り状態」の表現の使い方

「手探り状態」の表現の使い方を紹介します。

「手探り状態」には、「何も勝手が分からない状態で、何かをしなければならない様子」という意味があります。

そのため初めて行った場所や、仕事を始めたばかりの頃など、何も勝手がわからない状態で、何かをしなければならない時、「手探り状態」という言葉を使ってみましょう。

例えば、転職をした場合、転職先の、会社における仕事の仕方や、職場の同僚などをまるで知らないため、何も勝手がわからない状態と言えます。

このような状態でも、仕事をしなければならない時、「転職先の職場で、手探り状態で仕事をする」などと「手探り状態」という言葉を使ってみましょう。

「手探り状態」を使った例文や短文など

「手探り状態」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手探り状態」を使った例文1
  • 「手探り状態」を使った例文2

「手探り状態」を使った例文1

「どのような仕事に就いても、初めは『手探り状態』で始めることになる」

この例文は、どのような仕事に就こうが、しばらくの間は、勝手がわからない状態で仕事をしたり、人間関係を築いたりする必要がある、という意味があります。

このように「手探り状態」には、「勝手がわからない状態で何かをする」という意味があります。

バイトを始める時も、最初の数日間は「手探り状態」になりますし、芸能人として歌手デビューしても、しばらくの間は「手探り状態」になるでしょう。

「手探り状態」を使った例文2

「数日前まで『手探り状態』だったのに、すっかり一人前に働いている」

この例文のように、順応能力が高い人は、すぐに職場になれて、一人前で働き始められます。

「手探り状態」だったのが嘘のように、昔から働いていた従業員のように働ける人がいます。



「手探り状態」の類語や類義語・言い換え

「手探り状態」の類語や類似を紹介します。

  • 「五里霧中」【ごりむちゅう】
  • 「予想できない」【よそうできない】

「五里霧中」【ごりむちゅう】

「五里霧中」には、「現状を把握できず、方針や見込みが立たず困ること」という意味があります。

「仕事を始めたばかりで、五里霧中だ」などという使い方をします。

「予想できない」【よそうできない】

「予想できない」には「将来どうなるのか分からない」という意味があります。

「結末が予想できない」「予想できない結果」などという使い方をします。

icon まとめ

「手探り状態」という言葉について見てきました。

何も勝手が分からない状態で、何かをしなければならなくなった時、「手探り状態」という言葉を使ってみましょう。