意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悪化の一途をたどる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「悪化の一途をたどる」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「悪化の一途をたどる」という表現について詳しく紹介していきます。

悪化の一途をたどる

Meaning-Book
「悪化の一途をたどる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「悪化の一途をたどる」の意味
  • 「悪化の一途をたどる」の表現の使い方
  • 「悪化の一途をたどる」を使った例文と意味を解釈
  • 「悪化の一途をたどる」の類語や類義語


「悪化の一途をたどる」の意味

「悪化の一途をたどる」というのは「物事が少しも良くならず、だんだん悪くなっていく様子」という意味を持つ表現です。

好ましくない状況への進行を表す表現であり、「段々と程度が甚だしくなっていく」という意味で使われます。

例えば、会社の経営がおもわしくなく、それが徐々に「悪化の一途をたどった」という事は「会社の経営が徐々に悪くなっていた」という意味になるのです。

  • 「悪化の一途をたどる」の読み方

「悪化の一途をたどる」の読み方

「悪化の一途をたどる」の読み方は、「あっかのいっとをたどる」になります。

ビジネスでもよく使える表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「悪化の一途をたどる」の表現の使い方

「悪化の一途をたどる」の表現の使い方を紹介します。

体調を移したら、病院などにかかって治療を受けます。

一般的にはしっかりとした治療を受け、薬を摂取することで体調などは改善していきます。

しかし、ガンなど簡単に治療できないものもあり、そのような病気は「悪化の一途をたどって」しまうことがあります。

早期発見できればそのような状態も避けられるかもしれません。

体に異常があると思ったら、早めに病院にかかりましょう。

「悪化の一途をたどる」を使った例文と意味を解釈

「悪化の一途をたどる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「悪化の一途をたどる」を使った例文1
  • 「悪化の一途をたどる」を使った例文2

「悪化の一途をたどる」を使った例文1

「会社の経営が悪化の一途をたどり、最終的に破産しました」

会社経営は簡単ではありません。

次から次へとどのような商品を売り出すのか考えなければいけませんし、多様な商品が出てきてしまえば、それに負けてしまう可能性があります。

価格競争などにも勝ち抜いていかなければいけませんし、会社の経営は一気に悪くなってしまうこともあります。

そのために、最終的には破産しなければならなかった、などという企業も珍しくありません。

「悪化の一途をたどる」を使った例文2

「母の病気は悪化の一途をたどりましたが、良い医者に巡り会ってから体調が一気に改善しました」

病気が悪化の一途をたどってしまうと心配です。

しかし、もしかしたら適切な治療が受けられていないだけなのかもしれません。

適切な医者に巡り会うには時間がかかることもありますし、お金がかかってしまうこともあるでしょう。

しかし、もしも症状が改善されない、今の治療に疑問がある、などということであれば、セカンドオピニオンを求めることも大切です。



「悪化の一途をたどる」の類語や類義語

「悪化の一途をたどる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「右肩下がり」【みぎかたさがり】
  • 「悪くなる一方」【わるくなるいっぽう】

「右肩下がり」【みぎかたさがり】

「右肩下がり」という表現には「後になるほど数値が低くなる」という意味があり、「後になるほど状態が悪くなる」という意味になります。

「右下がり」と言われることもあります。

「悪くなる一方」【わるくなるいっぽう】

「悪くなる一方」というのは「事態がだんだんと悪化すること」を指しています。

「置かれている状況が一向に良くならない状況」を指す場合もあります。

icon まとめ

「悪化の一途をたどる」という表現は日常的にも使われる言い回しですので、ぜひ覚えておきましょう。

できる限り改善させられるようにしたいです。