意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「溜め込む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは会話の中で、「溜め込む」という言葉を使ったことがあるかと思います。

この言葉は、普段の会話の中やビジネスシーンでも、時々耳にすることがある言葉です。

しかし、身近な言葉でもあることから、改めて意味を考えてみる機会が少ないかもしれません。

そこでここでは、この、「溜め込む」にフォーカスして考察していくことにします。

Meaning-Book
「溜め込む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「溜め込む」の意味
  • 「溜め込む」の表現の使い方
  • 「溜め込む」を使った例文と意味を解釈
  • 「溜め込む」の類語や類義語


「溜め込む」の意味

「溜め込む」とは「ためて大量に所有している」「金品を蓄えて持っている」という意味です。

  • 「溜め込む」の読み方

「溜め込む」の読み方

「溜め込む」「ためこむ」という読み方になりますので、ここで改めてチェックして確認しておきましょう。



「溜め込む」の表現の使い方

「溜め込む」「金品などを蓄えて持っている」という意味になりますので、「小金を手堅く溜め込む」というような使い方をしています。

「溜め込む」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「溜め込む」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「溜め込む」を使った例文1
  • 「溜め込む」を使った例文2

「溜め込む」を使った例文1

「データが増大して負荷がかかる前に、サーバーの溜め込む能力を高める必要がある」

インターネットが普及して、誰もがパソコンやスマホで自分の欲しい情報を検索したり、データをアップするような使い方が増えて来ました。

それに伴いネットワークやサーバーにも、大きな負荷がかかってしまい、時には設備が停止したり、ダウンすることもあります。

このようなことが起きると、社会全体が麻痺してしまう恐れがあるので、サーバーのデータを「溜め込む」能力を高める必要があります。

「溜め込む」を使った例文2

「この施設は、不要物を溜め込むためのもので、その維持費が年々増大しています」

ここで言う「不要物」とは、ゴミのことかもしれませんが、その処理をカバーするのに、大きな施設が必要となってしまいます。

そのために、不要物を「溜め込む」「処理」するための設備の増強が余儀なくされています。

各自治体においては、切実な問題となっています。



「溜め込む」の類語や類義語

「溜め込む」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「積み立てる」【つみたてる】
  • 「蓄える」【たくわえる】

「積み立てる」【つみたてる】

「積み立てる」「溜め込む」の類義語として扱うことができます。

「ある目的のために、何回かに分けて貯金する」という意味があり、「旅行の費用をコツコツと積み立てる」というような使い方ができます。

「溜め込む」「貯金する」という意味があるので、その解釈での類義語となります。

「蓄える」【たくわえる】

「蓄える」「溜め込む」の類義語として挙げることができます。

「品物・金銭・力などを後で役立たせるために集めておく」という意味がありますが、この他に「知識・力などを将来のために身につける」という解釈もできる言葉です。

icon まとめ

「溜め込む」「金品を蓄えておく」という意味がありますが、ビジネスの場面では、データなどを「溜め込む」という使い方もあり、シチュエーションで色々な解釈ができる便利な言葉です。