意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「蓄える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「蓄える」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「蓄える」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「蓄える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「蓄える」とは?
  • 「蓄える」の表現の使い方
  • 「蓄える」を使った例文と意味を解釈
  • 「蓄える」の類語や類義語


「蓄える」とは?

「蓄える」とは、いくつかの意味合いがある言葉です。

まず品物、お金、力といったものを後で役立たせる為に集めておくという意味です。

それ以外には、知識、力などを身に着ける、ひげを伸ばすことといった意味もあります。

  • 「蓄える」の読み方

「蓄える」の読み方

「蓄える」と書いて「たくわえる」と読みます。



「蓄える」の表現の使い方

「蓄える」とは、品物、お金、力などを集めておくこと、身に着けておくことといった意味があります。

またひげ、髪の毛を伸ばすという意味合いで使うこともあります。

例えば「ひげを蓄える」はひげを伸ばすという意味です。

他の使い方としては「気力を蓄える」「こっそりとお金を蓄えておいた」「知識を蓄える」などがあります。

「蓄える」を使った例文と意味を解釈

それでは「蓄える」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「蓄える」を使った例文1
  • 「蓄える」を使った例文2

「蓄える」を使った例文1

「今のうちに、できるだけお金を蓄えるんだ」

「蓄える」とはお金を貯めるという意味でよく使います。

またその貯めたものを「蓄え」と言います。

「蓄えがあるから数年は何とかなる」「蓄えが尽きる」などと使います。

「蓄える」を使った例文2

「知識を蓄えることは、とても大事なことだよ」

「蓄える」は、品物、金銭、力だけに使う言葉ではありません。

将来の為に知識を身に着けることも「蓄える」という言葉を使います。

資格を取る、勉強をする、読書をするといった行動は「知識を蓄える」ことと言えるでしょう。



「蓄える」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「蓄える」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「貯蔵」【ちょぞう】
  • 「備蓄」【びちく】
  • 「取り置く」【とりおく】

「貯蔵」【ちょぞう】

「貯蔵」とは蓄えて、しまっておくことを言います。

「どうやら相当な貯蔵があるみたいだ」「養分を貯蔵する」などと使います。

「備蓄」【びちく】

「備蓄」とは万一の場合に備えて、蓄えておくことを言います。

また蓄えておいた物を「備蓄」とも言います。

「備蓄米がある」「石油を備蓄しておこう」などと使います。

「取り置く」【とりおく】

「取り置く」とは、残しておく、しまっておくという意味があります。

「長年に渡り、こっそりと取り置いた物」「別にして取り置く」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「蓄える」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「蓄える」とは品物、お金、力といった物を集めておくこと、知識、力などを身に着けること、ひげ、髪の毛を伸ばすことといった意味があります。

どの意味なのかは、会話、文章の前後の流れを見れば容易に判断できることでしょう。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。