意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「適性を見極める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスで「適性を見極める」という言葉を使うことがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「適性を見極める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「適性を見極める」の意味
  • 「適性を見極める」の表現の使い方
  • 「適性を見極める」を使った例文と意味を解釈
  • 「適性を見極める」の類語や類義語


「適性を見極める」の意味

「適性を見極める」の意味は、「その人の性格や性質が、その仕事に合っているかしっかりと判断すること」です。

世の中には数え切れない程の仕事や役割がありますが、誰もが全てに対して能力を発揮できる訳ではありません。

自分に合った仕事や役割についてこそ能力を発揮して成果を上げられるのです。

そのものごとを始める前に、本当にその人に合っているかをしっかりと見て決める時の表現です。

  • 「適性を見極める」の読み方
  • 「適性を見極める」を分解して解釈

「適性を見極める」の読み方

「適性を見極める」の読み方は、「てきせいをみきわめる」になります。

長い言葉ですが特に難しい漢字は使われていないので、読み書きできる様にしておきましょう。

「適性を見極める」を分解して解釈

「適性を見極める」「適性+を(助詞)+見極める」で成り立っています。

「適性」とは「性格や性質がピッタリ合っているかどうか」ということです。

「見極める」「十分に確認する」「判定する」「深く知り尽くす」という意味です。

これらの言葉が組み合わさり「その人の性質や性格に合っているか十分に確認すること」という意味で使われています。



「適性を見極める」の表現の使い方

「適性を見極める」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 「適性」と「適正」の違い

文法的な使い方

「適性を見極める」は動詞を含んだ表現ですので、文末にそのまま使えます。

副詞として使う時には「適性を見極めて」になります。

「適性」と「適正」の違い

「適性」と同じ読み方をする言葉に「適正」があります。

この2つは全く意味が違うので誤用に注意しましょう。

「適性」は、「性質や性格、能力がふさわしいかどうか」という、相性を表す言葉です。

「適正」は、「ものや事柄がふさわしいか」という、正誤を表す言葉です。

ビジネスではどちらも使われるので覚えておきましょう。

「適性を見極める」を使った例文と意味を解釈

「適性を見極める」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「適性を見極める」を使った例文1
  • 「適性を見極める」を使った例文2

「適性を見極める」を使った例文1

「就職する前に適性を見極める必要がある」

就職する前に自己分析をしっかりしておき、自分に合った仕事に就かないと、後悔することになるという意味です。

「適性を見極める」を使った例文2

「部下の適性を見極めるのも仕事のひとつだ」

管理職になると、部下がどの様な能力を持ち、どの様な仕事が向いているのかを判断するのも大切な仕事になります。



「適性を見極める」の類語や類義語

「適性を見極める」の類語や類義語を紹介します。

  • 「条件に合うか判断する」
  • 「相応であるか確かめる」

「条件に合うか判断する」

「何かをするにあたり、一定の基準を満たしているかどうか確かめること」という意味です。

「相応であるか確かめる」

「一方に対してもう一方がふさわしいかどうか確認すること」という意味です。

icon まとめ

「適性を見極める」「その人の性格や性質が、その仕事に合っているかしっかりと判断すること」という意味です。

ビジネスで正しく使いこなせる様になりましょう。