意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「断絶」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「断絶」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「断絶」という言葉を使った例文や、「断絶」の類語を紹介して行きます。

断絶

Meaning-Book
「断絶」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「断絶」とは?意味
  • 「断絶」の表現の使い方
  • 「断絶」を使った例文や短文など
  • 「断絶」の類語や類義語・言い換え


「断絶」とは?意味

「断絶」には、「続いてきたものが中断され、途ぎれてしまうこと」という意味があります。

また「結びつきや関係が打ち切られ終了すること」という意味があります。

  • 「断絶」の読み方

「断絶」の読み方

「断絶」の読み方は、「だんぜつ」になります。



「断絶」の表現の使い方

「断絶」の表現の使い方を紹介します。

「断絶」には、「続いてきたものが中断され、途ぎれてしまうこと」「結びつきや関係が打ち切られ終了すること」という意味があります。

そのため、このような出来事があった時に、「断絶」という言葉を使ってみましょう。

例えば、定期的に会っていた友達と、ある時、激しくケンカをしてしまったとします。

そしてこの友達とは、それ以来まるで会うことのない関係になったとします。

このような時、結びつきや関係が切れてしまったと思えるため、「友達関係が断絶した」などと「断絶」という言葉を使って状況を言い表せます。

「断絶」を使った例文や短文など

「断絶」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「断絶」を使った例文1
  • 「断絶」を使った例文2

「断絶」を使った例文1

「過疎化により人がいなくなり、ある村が『断絶』した」

この例文は地方のある村が、過疎化が進んだことにより人がいなくなってしまい、ついに、人が絶えてしまったという意味があります。

このように「断絶」には、「続いてきたものが中断され、途ぎれてしまうこと」という意味があります。

江戸時代から続いてきたような村が「断絶」するのは悲しい気持ちになります。

「断絶」を使った例文2

「家族仲が悪く、大人になって数年後に、家族が『断絶』した」

この例文は、もともと家族仲が悪かった一家があり、子供が大人になり独立してしばらくすると、家族の間の関係が絶たれてしまったという意味があります。

家族だからと言って、みな気が合う人たちというわけではなく、会わなくなる家族もあるのかもしれません。



「断絶」の類語や類義語・言い換え

「断絶」の類語や類似を紹介します。

  • 「中止」【ちゅうし】
  • 「決別」【けつべつ】

「中止」【ちゅうし】

「中止」には「一時的もしくは完全に停止し、終わらすこと」という意味があります。

「雨のために試合を中止する」という文章には、「雨が降ったため、試合を途中でやめる」という意味があります。

「決別」【けつべつ】

「決別」には「さよならを告げて、立ち去ること」という意味があります。

「一緒にいた者同士が、別離すること」という意味もあります。

「友達と決別する」という言葉には、「友達ときっぱり別れる」という意味があります。

icon まとめ

「断絶」という言葉について見てきました。

続いてきたもの、受け継がれてきたものが、絶える様子を見た時、また結びつきや関係が切れる様子を見た時に「断絶」という言葉を使ってみましょう。