意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「踏み込む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「踏み込む」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「踏み込む」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「踏み込む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「踏み込む」の意味
  • 「踏み込む」の表現の使い方
  • 「踏み込む」を使った例文と意味を解釈
  • 「踏み込む」の類語や類義語


「踏み込む」の意味

「踏み込む」とは、踏んで中に入る、他に思い切ってさらに前に出る、相手に近づく、部屋、建物などに許可なく入る、物事の奥深くに立ち入る、本質など考慮に入れるといったように複数の意味を持った言葉です。

  • 「踏み込む」の読み方

「踏み込む」の読み方

「踏み込む」の読み方は、「ふみこむ」になります。



「踏み込む」の表現の使い方

「踏み込む」の表現の使い方を紹介します。

「踏み込む」は複数の意味合いがある言葉ですから前後にある言葉からどの意味合いなのか判断する必要があります。

例えば「ぬかるみに踏み込む」とあれば、踏んだことで穴、溝といったものに落ち込むという意味になります。

「容疑者の部屋へ思い切って踏み込む」とあれば、場所、建物に予告、許可なく入るという意味になります。

また精神的な意味であれば「ここまで踏み込んだ質問に答えるとは思わなかった」などと使いますが、これは物事の奥深くまで立ち入る、核心、本質などを考慮するといった意味合いで使っていることがわかります。

他には「アクセルを踏み込む」は強く踏む、深く踏むという意味になります。

どの意味合いの「踏み込む」なのかは前後にある言葉、会話や文章の流れに気をつけていればわかることでしょう。

「踏み込む」を使った例文と意味を解釈

「踏み込む」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「踏み込む」を使った例文1
  • 「踏み込む」を使った例文2

「踏み込む」を使った例文1

「作品そのものだけでなく、作者の人生にまで踏み込む、解説文を書きたいと思うのだ」

例文にある「作者の人生にまで踏み込む」とは、作品の解説だけではなく、作者本人の生き方や考え方といったことまで、奥深くまで立ち入る、核心、本質を考えるという意味合いの「踏み込む」と言えるでしょう。

「踏み込む」を使った例文2

「どうして、あなたが彼女の私生活にまで踏み込む必要があるのよ」

例文の「踏み込む」とは、思い切ってさらに相手に近づくという意味合いであることがわかります。

それほど近づきになる必要がどうしてあるのかと相手に疑問を言っているのです。



「踏み込む」の類語や類義語

「踏み込む」の類語や類義語を紹介します。

  • 「突入する」【とつにゅうする】
  • 「掘り下げる」【ほりさげる】

「突入する」【とつにゅうする】

「突入する」とは勢いよく中に入ること、突っ込むという意味になります。

「このまま、敵の陣へ突入するぞ」などと使います。

「掘り下げる」【ほりさげる】

「掘り下げる」とは深く、突っ込んで考える、深く究明するという意味になります。

また地面を深く掘るという意味でもあります。

「もっとこのテーマは掘り下げる必要がある」「水が出るまで掘り下げる」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「踏み込む」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。