意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「嘲謔」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんの中に「嘲謔」という言葉の意味や読み方を知っている人がいるならば、その人はかなり言葉の勉強をされている人になるでしょう。

この言葉は、普段の日常的な会話やビジネスの場面でも、あまり使われることがないからです。

そこで今回は、この「嘲謔」にフォーカスを当てて、考察していくことにします。

Meaning-Book
「嘲謔」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「嘲謔」の意味
  • 「嘲謔」の表現の使い方
  • 「嘲謔」を使った例文と意味を解釈
  • 「嘲謔」の類語や類義語


「嘲謔」の意味

「嘲謔」とは「あざけて笑いものにすること」という意味を持つ言葉です。

「謔」には、「おどける」「戯れる」という意味合いを持つ漢字で、「嘲」「人を見下す」というような意味合いがあるので、「嘲謔」も人を小馬鹿にした振る舞いの解釈ができます。

  • 「嘲謔」の読み方

「嘲謔」の読み方

「嘲謔」「ちょうぎゃく」という読み方になりますが、「謔」はめったに目にすることのない漢字なので、ここで忘れないようにしっかりとチェックしておくことにしましょう。



「嘲謔」の表現の使い方

「嘲謔」とは、「あざけて笑いものにする」という意味があるので、自分より立場が下の人や能力が劣っている人を指して笑ったり、馬鹿にしているような場面で使われることになります。

「嘲謔」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「嘲謔」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「嘲謔」を使った例文1
  • 「嘲謔」を使った例文2

「嘲謔」を使った例文1

「大抵のことは我慢できるのだが、尊敬する我が師匠を嘲謔することは、許すことができない」

もし自分が「嘲謔」されても、そのことは我慢したり、見過ごすことができるのですが、尊敬する師匠や先生が馬鹿にされることは我慢ならないということを言っている例文です。

人を馬鹿にして笑うこと自体、人として最低のことなのですが、自分のことは我慢できても、尊敬すべき人が馬鹿にされたなら、やはり我慢ならないものです。

「嘲謔」を使った例文2

「嘲謔している群衆を見て、怒りを覚えるどころか、むしろ哀れに思ったほどだ」

人を「嘲謔」している群衆は、人としてとても精神的に最低の人間性と言えるのかもしれません。

そんな人々を見て、怒るどころか、むしろ哀れに思っているのですから、その人は精神的に、とても高い境地で、物事を見ているようです。



「嘲謔」の類語や類義語

「嘲謔」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「あざ笑う」【あざわらう】
  • 「冷笑」【れいしょう】

「あざ笑う」【あざわらう】

「あざ笑う」「嘲謔」の類義語として挙げることができます。

「相手を見下してからかうように笑うこと」という意味で使われています。

このように「あざ笑う」ことしかできない人は、人間性に問題があるとしか言いようがありません。

「冷笑」【れいしょう】

「冷笑」「嘲謔」の類義語になります。

「蔑み見下した態度で笑うこと」という意味で使われています。

icon まとめ

「嘲謔」という言葉の意味や使い方を紹介してきました。

普段では、ほとんど使われることのない言葉ですが、「あざ笑う」という意味で見ると、この言葉が当てはまる場面がかなりあるかと思います。

しかし、このような振る舞いは、人としてやってはならないことと肝に銘じておくべきです。