意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「佩いた」の意味とは!言葉を徹底解説

「佩いた」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「佩いた」という言葉を使った例文や、「佩いた」の類語を紹介して行きます。

佩いた

Meaning-Book
「佩いた」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「佩いた」とは?
  • 「佩いた」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「佩いた」を使った例文や短文など


「佩いた」とは?

「佩いた」という言葉を知っているでしょうか。

時代小説などが好きな人は「刀を佩いた武士」などという言い回しを見たことがあるかもしれません。

一方で、「佩いた」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「佩いた」という言葉の意味を紹介します。

  • 「佩いた」の読み方
  • 「佩いた」の意味

「佩いた」の読み方

「佩いた」「はいた」と読みます。

読み方が難しい漢字が使われているため、初見で正しく読むのは難しいでしょう。

これを機会に「佩いた」「はいた」と読みましょう。

「佩いた」の意味

「佩いた」という言葉の意味を紹介します。

「佩いた」「佩く」が変化した言葉になります。

「佩く」には、「刀剣などを腰につける」「帯びる」という意味があります。

そのため、「佩いた」「刀剣などを腰につけた」「刀剣などを腰に帯びた」という意味になります。

「刀を佩いた武士」は、日本刀を腰に帯びている武士という意味になります。

このように「佩いた」には「刀剣などを腰につける」という意味があります。



「佩いた」の類語や類似表現や似た言葉

次に「佩いた」の類語や類似表現を紹介します。

「佩いた」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「帯びる」【おびる】
  • 「差す」【さす】

「帯びる」【おびる】

「帯びる」には「身に着ける」という意味があります。

「刀を帯びる」「刀を身に着ける」という意味になります。

「差す」【さす】

「差す」には、「細長い物を、他の物に入れる」という意味があります。

刀は細長いもののため、刀を腰ひもなどに入れることを「刀を差す」と言います。

「佩いた」を使った例文や短文など

続いて「佩いた」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「佩いた」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「佩いた」を使った例文1
  • 「佩いた」を使った例文2

「佩いた」を使った例文1

「驚くほどの太刀を腰に『佩いた』、大男がやってくる」

この例文は、大きな刀を腰に帯びた、大きな男が目の前に迫ってくる場面になります。

時代劇やSF、近未来を舞台にしたマンガの敵役が登場するような場面がイメージできるかもしれません。

このような大男と対峙できるのは、かなりの腕前の刀使いしかいないでしょう。

「佩いた」を使った例文2

「江戸の町を、刀を『佩いた』男がぶらぶらと歩いている」

この例文は、江戸時代の武士が、特にすることなく、江戸の町を歩いている場面になります。

戦がない太平の江戸時代は、武士は特にすることがなく、街をぶらぶら歩くこともあったでしょう。

ただし腰には、武士を象徴する刀を「佩いて」います。



icon まとめ

「佩いた」という言葉について見てきました。

時代劇などを見て、帯刀している武士を見た時などに、「佩いた」という言葉を使ってみましょう。