意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「入り交じる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「入り交る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「入り交る」という言葉を使った例文や、「入り交じる」の類語を紹介して行きます。

入り交じる

Meaning-Book
「入り交じる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「入り交じる」とは?意味
  • 「入り交じる」の表現の使い方
  • 「入り交じる」を使った例文や短文など
  • 「入り交じる」の類語や類義語・言い換え


「入り交じる」とは?意味

「入り交じる」には、「多くの人や物が交じり合うこと」という意味があります。

  • 「入り交じる」の読み方

「入り交じる」の読み方

「入り交じる」の読み方は、「いりまじる」になります。



「入り交じる」の表現の使い方

「入り交じる」の表現の使い方を紹介します。

「入り交じる」には、「多くの人や物が交じり合うこと」という意味があります。

そこで、そのような様子を見た時、「入り交じる」という言葉を使ってみましょう。

例えば渋谷の交差点に出掛けると、老若男女、世界中の人たちが、交じり合いながら横断歩道を渡っているのが分かります。

このような様子を、「渋谷のスクランブル交差点は、人が入り交じりながら、横断歩道を渡っている」と、「入り交じる」を使った文章にできます。

「入り交じる」を使った例文や短文など

「入り交じる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「入り交じる」を使った例文1
  • 「入り交じる」を使った例文2

「入り交じる」を使った例文1

「クラブに行くと、男女が『入り交じって』踊っている」

この例文は、クラブに遊びに言うと、男性も女性も、ホールに交じり合って踊っている様子が見えるという意味があります。

このように「入り交じる」には、「多くの人や物が交じり合うこと」という意味があります。

狭い空間にたくさんの男女が「入り交じる」場所は、好きな人がいる反面、嫌いな人も多いかもしれません。

「入り交じる」を使った例文2

「彼女に対して、怒りの感情と、好きの感情が『入り交じっている』」

この例文は、付き合っている女性に対して、男性が怒りの感情と、好きの感情の両方を持っているという意味があります。

このように「入り交じる」という言葉は、異なる感情が交じり合う様子にも使えます。

ほとんどの人が、誰かに対して、このようなネガティブな感情と、ポジティブな感情を持っているのではないでしょうか。



「入り交じる」の類語や類義語・言い換え

「入り交じる」の類語や類似を紹介します。

  • 「混ざり合う」【まざりあう】
  • 「馴染む」【なじむ】

「混ざり合う」【まざりあう】

「混ざり合う」には「異なるものが、一緒になること」という意味があります。

「コーヒーとクリームが混ざり合う」などという使い方をします。

「馴染む」【なじむ】

「馴染む」には、「人に慣れて親しくなる」「物事や場所に慣れて親しみを持つ」という意味があります。

「クラスメートに馴染む」という言葉には、「クラスメートに慣れて、親しくなる」という意味があります。

icon まとめ

「入り交じる」という言葉について見てきました。

多くの人や物が交じり合う様子に対して、「入り交じる」という言葉を使ってみましょう。