意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「馴染む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「馴染む」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「馴染む」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

馴染む

Meaning-Book
「馴染む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「馴染む」とは?
  • 「馴染む」の表現の使い方
  • 「馴染む」を使った例文と意味を解釈
  • 「馴染む」の類語や類義語


「馴染む」とは?

「馴染む」というのは慣れてしっくりくる、という意味になります。

環境などに慣れて違和感を持たなくなるという時に使われる表現であり、例えば子供の時に転校した経験がある人は、新しい環境に「馴染まなければならなかった」などということもあるかもしれませんね。

相手と親密な関係を築く、親しく接する、という時にも「馴染む」という表現が使われます。

例えば、引っ越しをしたら新しい近所の関係に「馴染んで」いかなければいけませんね。

特に有効な人間関係が築けて友達ができたら、そこに「馴染めている」といえます。

  • 「馴染む」の読み方

「馴染む」の読み方

「馴染む」というのは「なじむ」と読みます。

よく使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「馴染む」の表現の使い方

「馴染む」という表現は新しい環境などに慣れ、違和感のない状態になる、という時に使われます。

例えば新しい学校に転校したら、全てが新しいですので「馴染む」までに時間がかかるかもしれません。

先生やクラスメート、授業の進み具合なども前とは違いますし、授業のやり方なども違うかもしれませんね。

しかしそこで先生やクラスメートと仲良くなり、授業にもついていける、違和感なくそこの制度として生活できる、ということであれば、「馴染んだ」といえます。

「馴染む」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「馴染む」を使った例文1
  • 「馴染む」を使った例文2

「馴染む」を使った例文1

「子供は新しい環境に素早く馴染めますよね」

大人よりも子供の方が素早く環境に馴染めると言われています。

引っ越しをした場合、例えばそれが外国であったとしても、子供の場合はあっという間に馴染んでしまい、友達を作ってしまうのではないでしょうか。

大人の方が「馴染む」のに時間がかかり、苦労するかもしれませんね。

その一方で転校等は子供のストレスになることもありますので、配慮する必要があります。

「馴染む」を使った例文2

「息子はすっかり馴染んだみたいで、友達もできたようです」

自分の子供が新しい環境に馴染み、新しい友達と遊んでいる姿などを見たら、心地よく感じる人もいるのではないでしょうか。

友達ができたらしい、新しい公園でも楽しそう、などということであれば、親として安心ですよね。

子供の方が素早く馴染めるのではないかとも言われています。

親としても新しい環境に馴染んでいかなければいけません。



「馴染む」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「慣れる」【なれる】
  • 「親しく付き合う」【したしくつきあう】

「慣れる」【なれる】

「慣れる」とは「馴染む」という意味もありますし、長く経験して何とも感じなくなるという時にも使われます。

例えば長い間同じ人と付き合い、その関係にドキドキしなくなった場合、その関係に「慣れた」といえます。

「親しく付き合う」【したしくつきあう】

「親しく付き合う」というのは近しい関係を保つ、という意味になります。

懇意にする、仲良くする、などという時にも使われる表現です。

icon まとめ

「馴染む」という表現は日常的にも使われますのでよく覚えておきましょう。

新しい環境に入ったら、早く「馴染んで」いけると良いですね。