意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見張る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「見張る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「見張る」という言葉を使った例文や、「見張る」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「見張る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見張る」とは?意味
  • 「見張る」の表現の使い方
  • 「見張る」を使った例文や短文など
  • 「見張る」の類語や類義語・言い換え


「見張る」とは?意味

「見張る」には、「目を大きく見開いて見る」という意味があります。

また「注意深く目を配って監視する」という意味があります。

  • 「見張る」の読み方

「見張る」の読み方

「見張る」の読み方は、「みはる」になります。



「見張る」の表現の使い方

「見張る」の表現の使い方を紹介します。

「見張る」には、「目を大きく見開いて見る」という意味があります。

例えば、とても綺麗な女性が歩いてきた時、男性なら目を大きく見開いて見てしまうのではないでしょうか。

このような様子を、「美しい女性を見て、目を見張る」などと「見張る」を使った文章にできます。

また「見張る」には、「注意深く目を配って監視する」という意味があります。

そのため、例えば子供が危ない行動をしないよう、親が注意深く目を配って監視する様子を、「親が、子供が危なくないよう、見張る」などと、「見張る」を使った文章にできます。

「見張る」を使った例文や短文など

「見張る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「見張る」を使った例文1
  • 「見張る」を使った例文2

「見張る」を使った例文1

「突然オレンジ色の飛行物体が西の空に現れ、驚いて目を『見張る』」

この例文は、西の空に、UFOらしき物体が訪れたのを見て、驚きの余り、目を大きく見開いている様子になります。

このように「見張る」には、「目を大きく見開いて見る」という意味があります。

誰でも目の前にUFOが来たら、「目を見張る」のではないでしょうか。

「見張る」を使った例文2

「敵の攻撃に備えて、見張り台の上で、敵の動きを『見張る』」

この例文は、戦闘中に、敵の攻撃に備えるため、見張り台と呼ばれる場所で、敵の動きを、注意深く目を配って監視するという意味があります。

この場合の「見張る」は、「注意深く目を配って監視する」という意味になります。



「見張る」の類語や類義語・言い換え

「見張る」の類語や類似を紹介します。

  • 「用心する」【ようじんする】
  • 「危ぶむ」【あやぶむ】

「用心する」【ようじんする】

「用心する」には、「気を付ける」「細心の注意を払う」という意味があります。

「危険な街に行かないよう、用心する」という文章には、「旅行先などで、危険な街に行かないよう、気を付ける」という意味があります。

「危ぶむ」【あやぶむ】

「危ぶむ」には「ことの成り行きが、悪い結果にならないかと不安に思う」という意味があります。

「将来を危ぶむ」という言葉には、「自分の将来が悪い結果になるのではないかと、不安に思う」という意味があります。

icon まとめ

「見張る」という言葉について見てきました。

目を大きく見開いて見る時、また注意深く目を配って監視する様子を見た時、「見張る」という言葉を使ってみましょう。