意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「お世辞」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「お世辞」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「お世辞」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「お世辞」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「お世辞」の意味
  • 「お世辞」の表現の使い方
  • 「お世辞」を使った例文と意味を解釈
  • 「お世辞」の類語や類義語


「お世辞」の意味

「お世辞」というのは名詞の「世辞」に接頭辞である「お」をつけた表現になります。

「相手の機嫌を取ろうとしていう口先だけの褒め言葉」という意味があり、日常的にも使われます。

例えば、上司や近所の人に対して「お世辞」を言わなければならないこともあるのではないでしょうか。

「心からではない相手への褒め言葉として愛想を目的とし、使う言葉」という意味になります。

  • 「お世辞」の読み方

「お世辞」の読み方

「お世辞」の読み方は、「おせじ」になります。

日常的にも使える表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「お世辞」の表現の使い方

「お世辞」の表現の使い方を紹介します。

心にもないような褒め言葉を言われた時、「またお世辞を言っている」と思うことがあるかもしれません。

「そんなお世辞を言われても困る」と思うかもしれませんし、「お世辞を言ってくれてありがとう」と発言することもあるでしょう。

「そんなお世辞を言っても、何も出て来ませんよ」と言った経験がある人もいるのではないでしょうか。

「お世辞」を使った例文と意味を解釈

「お世辞」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「お世辞」を使った例文1
  • 「お世辞」を使った例文2

「お世辞」を使った例文1

「彼はお世辞ばかり言い、上司の機嫌をとっている」

職場に、上司の機嫌ばかりをとっている人はいませんか?

媚びへつらうかのように上司に「お世辞」ばかりを述べ、偽善的な様子を見せている人は、「お世辞ばかり」と言われてしまうかもしれません。

相手に好かれたいが故に相手を褒めているなどという場合、周りからは「お世辞ばかり言っている」と思われてしまう可能性があります。

「お世辞」を使った例文2

「お世辞にも綺麗だとは言えない部屋でした」

一人暮らしをしている子供の家を訪れたときなど、その汚れ具合に驚くこともあるかもしれません。

いきなり訪問すれば当たり前のことですが、「お世辞にも綺麗とは言えない」「お世辞にも片付いているとは言えない」と思うこともあるかもしれません。

勉強や仕事で忙しいと、なかなか片付けできないということもあるのではないでしょうか。



「お世辞」の類語や類義語

「お世辞」の類語や類義語を紹介します。

  • 「世渡り上手」【よわたりじょうず】
  • 「ごまをする」

「世渡り上手」【よわたりじょうず】

「世渡り上手」というのは「処世術にたけている」という意味です。

「世間をうまく渡る術を身に付けている人」に対して使われます。

「ごまをする」

「ごまをする」というのは「人に諂う」という表現です。

煎った駒をすり鉢ですり潰したとき、あちこちに駒がひっついてしまうところからこの表現が作られました。

icon まとめ

「お世辞」という表現は日常的にも使える言葉です。

社会で生きていくためには「お世辞」を言わなければならないこともあるかもしれません。

「お世辞が言える」ということも大切です。