意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「世渡り上手」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「世渡り上手」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「世渡り上手」という言葉を使った例文や、「世渡り上手」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「世渡り上手」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「世渡り上手」とは?
  • 「世渡り上手」を使った例文や短文など
  • 「世渡り上手」の類語や類義語・言い換え


「世渡り上手」とは?

「世渡り上手」について紹介します。

  • 「世渡り上手」の読み方
  • 「世渡り上手」の意味

「世渡り上手」の読み方

「世渡り上手」「よわたりじょうず」と読みます。

「世渡り」「よわたり」「上手」「じょうず」と読みます。

「世渡り上手」の意味

「世渡り上手」には、「世間において、上手に立ち回り、有利な人間関係を築いたり、経済的に恵まれたりする様子」という意味があります。

世間を上手に渡る様子の人を見た時に、「世渡り上手」という言葉を使います。

このように、「世渡り上手」という言葉には、「世間において、上手に立ち回り、有利な人間関係を築いたり、経済的に恵まれたりする様子」という意味があります。



「世渡り上手」を使った例文や短文など

続いて「世渡り上手」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「世渡り上手」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「世渡り上手」を使った例文1
  • 「世渡り上手」を使った例文2

「世渡り上手」を使った例文1

「『世渡り上手』になるために、たくさんの経験を積む」

この例文には、世間においてうまく立ち回るためには、それなりにたくさんの経験を積む必要がある、という意味があります。

「世渡り上手」と呼ばれる人は、生まれつき世渡りが上手だったというわけではなく、世間でたくさんの経験を積むことで、人間関係の築き方や、経済力の付け方を学んだためです。

「世渡り上手」を使った例文2

「『世渡り上手』と呼ばれても、褒められている気がしない」

この例文のように、「世渡り上手」という言葉には、「人たらし」「運がいい」というような、皮肉的な意味が含まれていることがあります。

実力がないのに成功していて、裕福だという意味で「世渡り上手」ということがあるためです。

「世渡り上手」の類語や類義語・言い換え

「世渡り上手」の類語や類似表現を紹介します。

「世渡り上手」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ちゃっかり者」【ちゃっかりもの】
  • 「処世術に長けている」【しょせいじゅつにたけている】

「ちゃっかり者」【ちゃっかりもの】

「ちゃっかり者」には、「万事に抜け目ない人」「打算的な人」などの意味があります。

状況の応じて生き方や対処を変えて、自分に有利な展開を作れる人は「ちゃっかり者」と呼ばれることがあります。

「処世術に長けている」【しょせいじゅつにたけている】

「処世術に長けている」という言葉には、「自分にとって有利な環境を作る能力が高い」という意味があります。

逆境におかれても、人との出会いなどを巧みに生かして、自分にとって良い環境を築ける人は「処世術に長けている」と呼ばれます。



icon まとめ

「世渡り上手」という言葉について見てきました。

世間において、上手く立ち回りながら、有利な人間関係を築き、裕福な生活を送っている人を見た時に、「世渡り上手」という言葉を使ってみましょう。