意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「憂さ晴らし」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「憂さ晴らし」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「憂さ晴らし」という言葉について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「憂さ晴らし」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「憂さ晴らし」とは?意味
  • 「憂さ晴らし」の表現の使い方
  • 「憂さ晴らし」を使った例文と意味を解釈
  • 「憂さ晴らし」の類語や類義語


「憂さ晴らし」とは?意味

「憂さ晴らし」というのは「苦しいことや辛いことを忘れること」という意味になります。

「憂さ」というのは「気持ちが晴れないこと」「思うに任せない辛い気持ち」という意味があり、それを「晴らす」という意味になります。

つまり、「思うに任せない辛い気持ちを取り去って晴ればれさせる」という意味になるのです。

  • 「憂さ晴らし」の読み方

「憂さ晴らし」の読み方

この読み方は、「うさばらし」になります。

若い頃にこの言葉をよく使った、という人もいるのではないでしょうか。



「憂さ晴らし」の表現の使い方

「憂さ晴らし」の表現の使い方を紹介します。

「憂さ晴らし」「不愉快な気分を取り除く」という意味になります。

例えば、仕事で嫌なことがあった時、仕事帰りにお酒を飲みに立ち寄り、1日の疲れを取ったり、嫌なことを忘れたりすると言う人もいるのではないでしょうか。

同僚と居酒屋により、食事をしながら「憂さ晴らし」をする人もいるかもしれません。

あるいは、友達とおしゃべりしたりショッピングに行ったりして「憂さ晴らし」をする人もいるかもしれません。

「憂さ晴らし」を使った例文と意味を解釈

「憂さ晴らし」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「憂さ晴らし」を使った例文1
  • 「憂さ晴らし」を使った例文2

「憂さ晴らし」を使った例文1

「彼女はいつも1人で憂さ晴らしをしている」

同僚や友達とお酒を飲みに行き、みんなで「憂さ晴らし」をする人もいるかもしれませんが、1人で居酒屋に行ってお酒を飲み、「憂さ晴らし」をするのが好きだという人もいるかもしれません。

1人で様々な居酒屋を歩き回り、お気に入りのお店を見つけるのが「憂さ晴らし」になっている人もいると言われています。

「憂さ晴らし」を使った例文2

「彼女はストレスが溜まると、少し高級なレストランで食事をし、憂さ晴らしをしています」

ストレスが溜まった時や疲れたときなどは、普段なかなか食べられないようなものを食べてみても良いかもしれません。

金銭的に毎日食べるわけにはいかないというものも、ストレスが溜まったときだけ食べる、ということにすればもったいないとは思わないかもしれません。

ストレスが溜まったら、無理をしすぎずに解消することが大切です。



「憂さ晴らし」の類語や類義語

「憂さ晴らし」の類語や類義語を紹介します。

  • 「気晴らし」【きばらし】
  • 「ストレス解消」【すとれすかいしょう】

「気晴らし」【きばらし】

「気晴らし」というのは「憂鬱な気持ちを発散させること」になります。

「気晴らしに散歩にいきましょう」などと言われます。

「ストレス解消」【すとれすかいしょう】

「ストレス解消」というのは「心身に加わったストレスを解消すること」という意味です。

「不満や悩みを忘れるために行動すること」という意味になります。

icon まとめ

体の健康を守るためにも、適度な「ストレス解消」は大切です。

個人のペースで「憂さ晴らし」を忘れないようにしましょう。