意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「平常心」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「平常心」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「平常心」という表現について詳しく紹介していきます。

平常心

Meaning-Book
「平常心」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「平常心」とは?意味
  • 「平常心」の表現の使い方
  • 「平常心」を使った例文と意味を解釈
  • 「平常心」の類語や類義語


「平常心」とは?意味

「平常心」というのは「普段と変わらない心」「揺れ動くことのない心理状態」という意味になります。

例えば、仕事をしているときには「平常心」を保ちます。

しかし、トラブル等が起こって焦ってしまえば、それは「平常心」を失ったということになります。

仕事をするときにはこの「平常心」が重要であり、これがなければ逆にトラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

  • 「平常心」の読み方

「平常心」の読み方

「平常心」の読み方は、「へいじょうしん」になります。

自己啓発などでもよく使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「平常心」の表現の使い方

「平常心」の表現の使い方を紹介します。

「平常心」というのは「物事に動じない心」という意味になります。

例えば、もしも傷つくようなことを言われたり、批判されたりしたら、誰でも悲しくなってしまいます。

しかし「平常心」が保てるという事はそのような物事が起こったとしてもショックを受けたりせず、ということになります。

自己啓発等では「どのようにしたら平常心が保てるのか」などというヒントが紹介されていることもあります。

「平常心」を使った例文と意味を解釈

「平常心」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「平常心」を使った例文1
  • 「平常心」を使った例文2

「平常心」を使った例文1

「私はすぐ焦ってしまうので、平常心を保てるようになりたいです」

何かトラブルが生じたときなど、すぐに焦ってしまう人は平常心を保てるように努力した方が良いかもしれません。

もちろん、間違ったときなどに反省してそれを次につなげるという意識は大切ですが、焦ってしまっても良い結果は得られないです。

悲しくなったりショックを受けたりすることがなく、冷静に判断したり、必要のない批判などは流したり、という力も必要です。

「平常心」を使った例文2

「子供が何かをしても平常心でいられるような余裕が欲しいです」

子育てをしていると、「平常心」がなかなか保てないと悩むお母さんもいるのではないでしょうか。

子供が何かするとすぐに怒ってしまうなどという場合、疲れているのかもしれません。

お母さんが「平常心」でいられないと、子供もそれを感じ取ってしまうことがあります。

子育て中はなかなか難しいですが、適度に休みながら子供との関係を楽しみましょう。



「平常心」の類語や類義語

「平常心」の類語や類義語を紹介します。

  • 「冷静」【れいせい】
  • 「淡々と」【たんたんと】

「冷静」【れいせい】

「冷静」というのは「落ち着いていてその場の感情に走らない」という意味です。

「冷静な判断」などと言われます。

「淡々と」【たんたんと】

「淡々と」というのは「色味や味、人の態度や行動があっさりとしていること」を指しています。

「物事をするにあたって感情を表に出さない」という意味です。

icon まとめ

「平常心」という表現は日常的にも使われますので、ぜひ覚えておきましょう。

「平常心」が保てるようにしたいです。