意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大打撃」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「大打撃」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「大打撃」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「大打撃」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「大打撃」の意味
  • 「大打撃」の表現の使い方
  • 「大打撃」を使った例文と意味を解釈
  • 「大打撃」の類語や類義語


「大打撃」の意味

「大打撃」というのは「大きな損害」「大きな痛手」ということになります。

「物事の結果に大きな影響与える行為」を指しており、「決定打」などと言われることもあります。

例えば、芸能人にとってはちょっとしたスキャンダルが「大打撃」になってしまうことがあります。

どれだけ良いイメージのあった芸能人であっても、不倫や浮気などの不貞行為の噂が立ってしまったら、それだけで芸能生活に「大打撃」を与えてしまう可能性があるのです。

  • 「大打撃」の読み方

「大打撃」の読み方

「大打撃」の読み方は、「だいだげき」になります。

日常的にも使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「大打撃」の表現の使い方

「大打撃」の表現の使い方を紹介します。

「大打撃」というのは「大きな損害」ということになります。

例えば、バブルの崩壊によって「大打撃」を受けた企業は多かったのではないでしょうか。

地震などの災害が起こったことで「大打撃」を受けてしまう街もあります。

災害によって観光業で成り立つ地域も観光客が減ってしまい、「大打撃」を受けるということもあるかもしれません。

国際関係が観光業に「大打撃」を与えてしまうこともあります。

「大打撃」を使った例文と意味を解釈

「大打撃」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「大打撃」を使った例文1
  • 「大打撃」を使った例文2

「大打撃」を使った例文1

「国際関係の悪化は観光業に大打撃を与えました」

例えば、日韓関係の悪化によって日本国内では韓国人観光客が減っていると言われています。

また、韓国でも日本人観光客が減少しており、観光業に大きな影響が出ていると考えられます。

このように、国際関係が悪化してしまうことでその国に観光に行く人が減ってしまい、観光業に大きな悪影響を出してしまうことがあります。

国際関係は観光業にとって重要な問題だと言えるでしょう。

「大打撃」を使った例文2

「父が倒れたために、家族は大打撃を受けました」

家族が倒れたら困りますが、特にお金を稼いでいる一家の大黒柱に何かあったら、経済的にも家庭に大打撃が加わります。

特にお母さんが専業主婦などという場合、唯一の稼ぎ手が入院などをしてしまえば、それだけで家計に響きます。

家族で支え合い、普段からお互いの健康を守りたいものです。



「大打撃」の類語や類義語

「大打撃」の類語や類義語を紹介します。

  • 「万事休す」【ばんじきゅうす】
  • 「とどめの一撃」【とどめのいちげき】

「万事休す」【ばんじきゅうす】

「万事休す」というのは「もはや施す手段がなく、万策尽きる」という意味になります。

「何をしてもダメ」という状態を指しています。

「とどめの一撃」【とどめのいちげき】

「とどめの一撃」というのは「物事の結果に大きな影響を与える行為」という意味になります。

ゲームなどでも、「ボスを倒すためにとどめの一撃が必要」、などと言います。

icon まとめ

「大打撃」という表現はニュースなどでも聞きますので、ぜひ覚えておきましょう。

「大打撃」を受けないように気をつけたいです。