意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大挙」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「大挙」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「大挙」という言葉を使った例文や、「大挙」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「大挙」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「大挙」とは?意味
  • 「大挙」の表現の使い方
  • 「大挙」を使った例文や短文など
  • 「大挙」の類語や類義語・言い換え


「大挙」とは?意味

「大挙」には、「大勢が、一団となって行動すること」という意味があります。

また「大規模な企て」「大きな事業」という意味があります。

  • 「大挙」の読み方

「大挙」の読み方

「大挙」の読み方は、「たいきょ」になります。



「大挙」の表現の使い方

「大挙」の表現の使い方を紹介します。

「大挙」には、「大勢が、一団となって行動すること」という意味があります。

例えば、外国人観光客のツアーが、一団となって雷門に向かって歩いている様子を、浅草に行くと見られるかもしれません。

この様子を、「外国人のツアー客が、大挙して雷門に向かう」「大挙」を使って表現できます。

また「大挙」には、「大規模な企て」「大きな事業」という意味があります。

例えば、ある会社の社長が、世界一の会社になると打ち上げた場合、「世界一の会社になるという大挙を打ち上げる」などという文章にできます。

「大挙」を使った例文や短文など

「大挙」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「大挙」を使った例文1
  • 「大挙」を使った例文2

「大挙」を使った例文1

「敵兵が城に向かって『大挙』襲い掛かる」

この例文は、敵の兵が自軍の城に向かって、一団となって押し寄せるという意味があります。

このように、大勢が一団になって行動する様子を「大挙」という言葉で表現できます。

大勢の敵から城を守るためには、他の城から見方の軍が「大挙」応援に駆けつけるのを待つほかないかもしれません。

「大挙」を使った例文2

「無名の野球部が、3年以内の全国制覇の『大挙』を掲げる」

この例文は、無名の高校野球部が、3年以内に甲子園で優勝するという、大きな企てを高らかに宣言したという文章になります。

強豪校でも、優勝が難しい甲子園大会で、優勝するような大きな企ては「大挙」と呼べるのではないでしょうか。

たくさん優秀な生徒を集め、優秀な監督を招へいするのかもしれません。



「大挙」の類語や類義語・言い換え

「大挙」の類語や類似を紹介します。

  • 「大勢」【おおぜい】
  • 「多勢」【たぜい】

「大勢」【おおぜい】

「大勢」には、「多くの人」という意味があります。

「大勢の生徒に囲まれる」などという使い方をします。

「多勢」【たぜい】

「多勢」には「人数の多いこと」という意味があります。

「多勢な軍が、攻め立てる」という文章には、「人数が多い側の軍隊が、敵の軍を攻め立てる」という意味があります。

icon まとめ

「大挙」という言葉について見てきました。

多数の者が、一団となって行動する様子を見た時、大規模な企てや大きな事業について話す時、「大挙」という言葉を使ってみましょう。