意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見張り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「見張り」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「見張り」という言葉を使った例文や、「見張り」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「見張り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見張り」とは?意味
  • 「見張り」の表現の使い方
  • 「見張り」を使った例文や短文など
  • 「見張り」の類語や類義語・言い換え


「見張り」とは?意味

「見張り」には、「見て番をすること」また「目を配って番をする人」という意味があります。

  • 「見張り」の読み方

「見張り」の読み方

「見張り」の読み方は、「みはり」になります。



「見張り」の表現の使い方

「見張り」の表現の使い方を紹介します。

「見張り」には、「人や物に目を配って番をする人」「監視、警戒、歩哨、警備などをする人」という意味があります。

そのため、何かに目を配って番をする時、またそのような人に対して、「見張り」という言葉を使ってみましょう。

例えば、試験中に生徒がカンニングなどをしないよう、見て番をする役割の人がいます。

このような様子を、「試験の見張りをする」と言います。

このように、見て番をする様子、または目を配って番をする人について話す時、「見張り」という言葉を使ってみましょう。

「見張り」を使った例文や短文など

「見張り」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「見張り」を使った例文1
  • 「見張り」を使った例文2

「見張り」を使った例文1

「最前線に『見張り』を立てて、敵の動向を探る」

この例文は、戦いの途中で、敵といちばん近い位置に、敵を見て番をする人を置き、敵がどのような行動をするのか、逐一様子を探るという意味があります。

このように、見て番をする人を「見張り」と言います。

戦いの最前線に立たされる「見張り」は、恐怖感もあり、責任も重い、大変な役目と言えるでしょう。

「見張り」を使った例文2

「素行の悪い娘の『見張り』を任される」

この例文は、夜になると街に繰り出して、悪い遊びに手を出してしまう娘を持った親から、見て番をする役目を任された人についての文章になります。

親の会社に勤めている社員、または親戚、プロの探偵などかもしれません。

このように、見て番をすることを、「見張り」と呼びます。



「見張り」の類語や類義語・言い換え

「見張り」の類語や類似を紹介します。

  • 「監視」【かんし】
  • 「尾行」【びこう】

「監視」【かんし】

「監視」には、「不都合な事が起こらないように、警戒をして、人の動きなどを見張っておくこと」という意味があります。

「敵の動向を監視する」「監視番を務める」などという使い方をします。

「尾行」【びこう】

「尾行」には、「相手の行動を監視する為に、気付かれないよう後を付けて行くこと」という意味があります。

「犯人らしき男を尾行する」「夫が浮気する様子を押さえるため、尾行する」などという使い方をします。

icon まとめ

「見張り」という言葉について見てきました。

見て番をすること、また目を配って番をする人について話す時、「見張り」という言葉を使ってみましょう。